漁師直送の旬の魚介 人気ランキング(1月19日更新)

ポケマルで出品されている旬の魚介を週間ランキングとして発表! さて、今週はどんな魚介類に注目が集まったのでしょうかー!?

※1月19日現在、販売中のものを表示しています。


1位:三重県 中村さんの安楽島カキ!

カキ……あなたはどうやって食べますか?

鍋やカキフライ、カキ飯やお味噌汁に入れたりなど、楽しみ方は様々ですよね。料理にこだわっている方、次はカキの大きさにもこだわってみてはいかがでしょうか。

大中小サイズの入ったこのセットなら、それぞれの美味しさを堪能できますよ。

中村彩さんの商品をもっとみる


2位:北海道 平塚さんのお魚定期便!

魚は新鮮なものに限る。朝早く起き市場に出向いては、鮮度のいい魚を自分の目で確かめて購入を決める。

家に帰り、その身に包丁を入れた瞬間……命のありがたみを感じる。

と、先日まで思ってたんですけど。あのー、お魚定期便?知ってます?めっちゃ便利。家にいながら新鮮な魚が届く。しかも加工済みで楽ちん。いやあ、ほんといい。

平塚勝一さんの商品をもっとみる


3位:広島県 石野さんの突然お宝箱!

ちりめんにかえり、たくさん食べたいし美味しいけど……送料がなあ。

と思っているそこのあなた!あなたですよ!ドドーンと1.5倍量で価格は産地特価。見た目は不揃いですが、味に変わりなし、一度の注文でたくさん食べたい方はぜひお試しください。

おやつやおつまみにポリポリしちゃってください。止まらない美味しさですよ〜。

石野智恵さんの商品をもっとみる


4位:熊本県 浦山さんの採れたて新のり!

チュンチュン(小鳥のさえずり)

トントントントントン(包丁の音)

ピーーーーーーーーーーーーーーーー(湯が沸く)

カチッ、ボウッ!(火をかける) ジリジリジリ(焼いていく) 目を離してはいけない。

私の朝はこうして始まる。海苔を、海苔を焼かなければ1日は始まらないのだ。

浦山幹弥さんの商品をもっとみる


5位:福岡県 古川さんのカメノテ!

ザアアアアアアア(雨の音) ガタガタガタ(窓が揺れる)

「今日は風が強いな」1人部屋にいる私はこたつに入り夕飯を食べていた。

その時……ガタンッ! 「え」 おもむろに郵便受けが動く。静かに覗くとそこには箱が。中に入っていたのは……カメノテ。

少々不気味な見た目のカメノテですが、味はとっても美味しいんです。エビのようなカニのような、そんな味なんだそうです。

※実際はヤマト運輸さんが届けてくださいます

古川千穂さんの商品をもっとみる


6位:福岡県 古川さんの乾燥物3点セット!

連続ランクイン!

私、乾燥物大好きなんです。購入したときはカピカピなのに、料理に使ったりお味噌汁に入れた瞬間息を吹き返すというか。

「大きくなった!!戻ってきた!!」ってなります。

そんな乾燥→吸水の瞬間に3回も立ち会えるセット(たぶん違う)が登場です。色んな料理でお使いください。

古川千穂さんの商品をもっとみる


7位:広島県 石野さんの鉄釜ひじき!

ひじきが主役。ひじきを食べたい。ひじき大好き。

みなさんひじきを甘く見てはいませんか?わざわざ取り寄せてまで食べたくない?

いやいやいやいや、それはきっと本当に美味しいひじきにまだ出会ってないだけ。石野さんのひじき、食べてみてください。とっても手間のかかっている、こだわりの本気ひじき。

あなたのひじき感を変えてくれるかも?

石野智恵さんの商品をもっとみる


8位:静岡県 藤井さんの蒸しイセエビ!

親戚からイセエビが届いた。

でかい、思ってた以上にでかくて、そしてこわい。さすがは高級食材。ただでは食べさせてくれない。

すでに蒸した状態ではあるが、まるで作り物のような見た目。殻を剥がすと知っているプリプリの身がでてきた。

うまい。うまいのはわかっていたけど、なおうまい。

次は活きたイセエビを食べてみたいと思った。

藤井美帆さんの商品をもっとみる

関連記事:【活き良すぎ】生きてる伊勢海老のさばき方。キッチンばさみと氷水で簡単!


9位:佐賀県 藤川さんの焼きのりセット!

これはもう何も言わずに、ホカホカのごはんに巻いて食べてみて。

何も言わずにこののりを食べられるのは先着50名様。

藤川直樹さんの商品をもっとみる


10位:秋田県 伊藤さんのマダラ!

冬の魚といえばマダラ!

パンパンに膨れ上がったお腹には白子や鱈子がつまってます。今が一番うまい。

現在、切り身状のマダラも出品されています。みんなで鍋をするにはこの上ない出品ですよ〜。

伊藤徳洋さんの商品をもっとみる



* * *


旬というのは一瞬で過ぎてしまうものです。

「ああおいしそうだ、いつ食べよう?」

「もう少し様子をみてから購入しようかな……?」

なんて言ってる間に、海の状況はどんどん変わって、明日には販売できなくなっているかもしれません。

この記事が、あなたにとっての未知の食材との出会いになりますように。。。


魚介類の商品をもっとみる


文=ポケマル編集部

Magazine

あわせて読みたい