漁師直送の旬の魚介 人気ランキング(3月16日更新)

ポケマルで出品されている旬の魚介を週間ランキングとして発表! さて、今週はどんな漁師さんに注目が集まったのでしょうかー!?

※ランキング制作日朝に販売中の商品の過去7日間の販売数を生産者さんごとに合計します。


1位:森田陽子さん

先週から首位を独占中の森田さん、今週も1位ランクインおめでとうございます!

3月に入ってからは「春あおさ」に近づいているようで、冬とはまた違った色調や食感を感じられますよ〜!

定番のお味噌汁やスープだけでなく、あおさ海苔本来の美味しさを活かしておにぎり・サラダ・天ぷらなど幅広くお楽しみください。

この作り手の商品をもっとみる


2位:中村彩さん

みんなだいすき中村さんの牡蠣!

コミュニティでは牡蠣のパスタ、オイル漬け、バター醤油炒めなど、少し洋風っぽい食べ方が流行っているようです😳 いつもとは違った牡蠣のレシピに挑戦したいという方は、ぜひコミュニティ投稿を参考にしてみてください!

この作り手の商品をもっとみる


3位:古川千穂さん

今週も古川さんのふのりは大人気! 古川さんのコミュニティには毎日たくさんの投稿が寄せられていますが、一人ずつ丁寧に返信されていたりと食べ手さんと積極的にコミュニケーションを図ってくださっています😊

寒い時期に早摘みしたふのりを「寒ふのり」、暖かくなってきて身がふっくらとしたものを「春ふのり」というそうで、季節ごとの変化も楽しめますよ〜!

この作り手の商品をもっとみる


4位:平塚勝一さん

平塚さんのコミュニティでは「なかなかスーパーでは買わない魚を産地から届けてもらえるのは嬉しい!」「仕事で買い物に行く時間が取れないときも助かる!」など、まさに主婦の味方!

調理済みのおいしいお魚が自宅にあると思うと、家に帰るのも楽しくなりそうですよね😊

この作り手の商品をもっとみる


5位:森貴紀さん

こちら森さんのお魚セットは、北海道寿都湾で獲れるお魚を活締め、血抜きして新鮮な状態でお届けしてくれます! 血抜き処理がされているので、初めてお魚を捌く方でも安心して挑戦できますよ〜😊

季節ごとに違うお魚が楽しめるので、今まで食べたことのない新たなお魚に出会えます!

この作り手の商品をもっとみる


6位:山本太志さん

水揚げ量が少なく、鮮度の落ちが早いため市場に出回りにくいといわれているガサエビ。まさに幻の一品なんです。

歯応えがよく、刺身、焼き、天ぷらなど、とにかくどう調理してもおいしいエビなんだとか😳 このおいしさを味わえるのは早いもの勝ちです! 気になる人は急げ〜!

この作り手の商品をもっとみる


7位:野呂英樹さん

青森県で水揚げされる天然本マグロ。あぁ聞いただけでヨダレが出てしまう。

そんな野呂さんの出品しているマグロは、赤身、中トロ、大トロの定番部位から、心臓、頭肉、ホホ肉などの希少部位まで、バラエティ豊富! 大人から子どもまで楽しめますよ〜!

この作り手の商品をもっとみる


8位:野津英二さん

あ、あれ?これしじみだよね?と、思わず心の声が漏れてしまいそうなほど大きくて立派な大和しじみ。食べ応え抜群です!

定番のしじみ汁だけでなく、この大きさを活かしたしじみの酒蒸しなど、しじみ本来の味をぜひ味わってみてください😊

この作り手の商品をもっとみる


9位:本間喜昭さん

本間さんは、まぐろや鮭など定番のお魚だけでなく、新潟寝屋漁港の地魚を中心にお届けしてくれます!

季節によって漁法と魚種が変化するので、スーパーや魚屋さんでは通常出会えないようなお魚を楽しむことができますよ〜!

この作り手の商品をもっとみる


10位:中川義治さん

旬真っ只中の牡蠣は、身がぷりっぷりに太って濃厚な味わいなんだそうです😊 さまざまな料理で楽しんで頂けますよ〜!

広島県の条例によって、生食用の牡蠣の出荷は3月いっぱいまで。3月配送分のみの受付になるそうなので、生食用をご注文されたい方はお見逃しなく〜!!

この作り手の商品をもっとみる


* * *


旬というのは一瞬で過ぎてしまうものです。

「ああおいしそうだ、いつ食べよう?」

「もう少し様子をみてから購入しようかな……?」

なんて言ってる間に、海の状況はどんどん変わって、明日には販売できなくなっているかもしれません。

この記事が、あなたにとっての未知の食材との出会いになりますように。。。


魚介類の商品をもっとみる


文=ポケマル編集部


Magazine

あわせて読みたい