岩手県下閉伊郡山田町

佐々木友彦

振興丸

赤皿貝

◆はじめまして、振興丸の佐々木友彦です
岩手県の山田湾で漁業(主に牡蠣養殖)を営んでいます佐々木友彦です。昨年平成30年 東北食べる通信11月号にて「赤皿貝」を特集していただきましたありがとうございます。また本年2月 TV東京 カンブリア宮殿でも取り上げて頂きました。ポケットマルシェでも宜しくお願い致します。
東日本大震災では多くのあたたかいご支援を賜り誠にありがとうございます。

◆漁師になった経緯
私は代々漁業を営む家庭に生まれました。漁師としてたくましい父や先輩方の中で育ちました。華奢だった自分では不安が大きい世界です。また大漁・好漁・経済に恵まれていた時代とは大きく変化しています。取り巻く大小の問題の波をこえながら、現在まで漁業をやってきました。
あらためて経緯を思い出すと、私(18歳時)地元の普通高校卒業の数ヵ月前、父がボソッと「4級小型船舶の免状とっか!銭出してやる」「うん欲しい資格勉強する!」
そんなやり取りで東京の就職先に行く前に船の免許は取得していましたので、漁業の道は決まっていました。

◆岩手県山田湾はこんなところ
三陸岩手山田湾は山に囲まれていて比較的穏やかで、古来から船溜まりに良好な湾です。魚種と経済とともに漁業も発展しました。(ピーク時よりは減りましたが)漁業者もまだまだ多い浜です。

◆生産物のイチ押しポイント
私は牡蠣の養殖が主です!そして赤皿貝にも力を入れています!
形状はホタテ貝より小さめですが違います!
ヒオウギ貝にも似ていますが違います!
是非とも「山田湾の私の赤皿貝」食べてみてください!

佐々木友彦さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.26.
みなさま!おばんです!海水温17度

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/25の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
81 生産作業工程

①山田湾の養殖施設にて、船の動力を使いカキを水揚げする

②カキに付着しているアカザラガイの傷めないように足糸を切り収穫

③水槽に入れ乾燥をふせぐ

④帰船し、カキやアカザラガイを陸揚げ

⑤カキ洗浄機にてアカザラガイを1次洗浄

⑥付着生物をホタテ鉈で叩き落とす

⑦洗浄機で2次洗浄

⑧カゴに入れ浄化水槽で蓄養保管

※注文等に応じて出荷となります。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.25.
みなさま!おばんです!海水温15.8度

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/25の検査発表で規制値が下回っていますので、明日から水揚げ出荷できます。

<赤皿貝について>
80 様々な晶桿体

写真上からです!

ホタテの晶桿体!
アカザラガイの晶桿体!
マガキの晶桿体!
ムール貝の晶桿体!です

ナイフ先にのっている、細長い透明な物体です!

二枚貝の消化器(中腸腺)にある晶桿体です!
取り込んだエサをすりこぐ物体です!

ん〰️

佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.24.
みなさま!おばんです!☔

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/18の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
79 晶桿体

晶桿体とは、
どの二枚貝にもある消化酵素のかたまり
だそうです。
口に取り入れたプランクトンなどのエサを、
胃の一部をすり鉢のようにし、晶桿体をすりこ木のように使ってごりごり擦り、
回転しながら食物粒子を引き込み、酵素で消化するようです!

ん〰️

佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.23.
みなさま!おばんです!海水温 15.4度

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/18の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
78 お詫びと訂正

東北食べる通信赤皿貝特集号、をご購入いただいた皆様に記述の間違いと訂正があります。
「🔪自分でさばく」のページで、
誤:生殖器の一部  とありますが、
正:晶桿体  です。

大変申し訳ありません。この透明の細長い物体は、牡蠣・ホタテ・アカザラガイに普通に存在し、寄生虫ではないことは知っていましたが、正確な名前を知りませんでした。昨年2018年11月赤皿貝特集号において、東北食べる通信さんから聞かれたとき、生殖巣付近から出てくる透明な細長いもので寄生虫ではないことを伝えたのが、誤った記述になりましたことを深くお詫び申し上げます。

またあと一点訂正をお願い致します。
「生き残ったおら達が環境と経済を両立させねぇと。」のページで13枚の写真が掲載されています。その「4.友彦さんは、赤皿貝を一つひとつを手に取り、叩いて音を聞き、匂いを嗅いで鮮度を確かめ、付着物を綺麗に削り落としている。」とあり、4の写真ですが、ホタテの写真が使われています。アカザラガイではないので誤解のないようにお願いします。

取材を受ける私に余裕がないために不備が出たことを深くお詫び申し上げます。今後は間違いがないように、生産者として更に研さんを積んでまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。

佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.22.
みなさま!おばんです!海水温 15.3度

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/18の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
77 とりまく登場生物

アカザラガイを取り巻く登場生物等!

ウイルス:ノロウイルスなど
細菌:大腸菌、腸炎ビブリオなど
渦鞭毛藻:アレキサンドリウムタマレンセ 、ディノフィシスフォルティなど
海藻:ノリ、ワカメ、コンブ、アカモクなど
海草:アマモ
海綿動物:カイメン、
刺胞動物:クラゲ、イソギンチャクなど
環形動物:ゴカイ、イソメ、カサネカンザシゴカイ、ウズマキゴカイなど
甲殻類:カイアシ、エビ、カニ、オキアミ、フジツボ、ミジンコなど
二枚貝:カキ、ホタテ、ムール貝など
頭足類:タコ、イカ、
棘皮動物:ウニ、ヒトデ、ナマコ、ウミユリ、クモヒトデなど
尾索動物:ホヤ、サルパなど
魚類:ギンポ、サケ、アイナメ、ウミタナゴなど
昆虫:ハエ、
鳥:セグロオオカモメ、ウミネコ、カラス、海鵜、カモなど
哺乳類:ネズミ、ネコ、イヌ、オットセイ、ヒトなど
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.21.
みなさま!おばんです!海水温 15.6度

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/18の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
76 渦鞭毛藻

・渦鞭毛藻類は2本の鞭毛を持つ単細胞藻類の一群です
・渦鞭毛藻の約半分は葉緑体を持ち、光合成をおこなう
・残りの半分は従属栄養性で、他の原生動物を補食して生活します
・また光合成を行う渦鞭毛藻のなかにも活発な捕食行動を行うものもいる
・多くは溶存の有機物を取り込むことができる
・寄生性のものもある
・褐虫藻は、サンゴ、シャコ貝、イソギンチャク、クラゲなどに共生する
・発光するヤコウチュウ
・赤潮の原因
・貝毒をもつ種
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.20.
みなさま!おばんです!海水温 16.6度

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/18の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
75 麻痺性貝毒の毒成分

サキシトキシン、ネオサキシトキシン、ゴニオトキシン群など、

加熱しても毒性は失われません。

毒性をもつプランクトンは海水温の上昇すると発生することが多いです。

岩手県では県内を12の海域に区分して監視定点を設け、ほぼ毎週1回ホタテガイ等の貝毒検査を実施しており、その結果が国が定めた基準値を超えた場合は、その海域のホタテガイの出荷を規制していますので、スーパーなどで販売されているものは安全です。

潮干狩りなど自己採集する場合は当該地域の貝毒情報をくれぐれもご確認下さい。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.19.
みなさま!おはようございます!海水温 15.4度☀️

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/18の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
74 オカダ酸

オカダ酸は、下痢性貝毒をおこす有毒渦鞭毛藻により産生される毒素です。
この貝毒プランクトンが多く発生した時、そこの海域に生活している二枚貝等は他のエサやデトリタスと一緒にこの貝毒プランクトンも体内に取り込みます。
オカダ酸等の毒素は、二枚貝等の消化器の中腸腺に多く蓄積されることで、下痢性の食中毒を引き起こす原因となります。
類似化合物にディノフィシストキシンがあり、同様に中毒を引き起こします。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.18.
みなさま!おばんです!海水温 15.6度

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/18の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
73 OA当量/kg:オカダ酸当量パーキログラム

平成27年から国の規制値が見直され、
下痢性貝毒の規制値は0.05MU/g可食部から
0.16mgオカダ酸当量/kg可食部に改正され、
試験法もマウス毒性試験から液体クロマトグラフ・タンデム型質量分析計を用いた機器分析法に変わりました。
mgオカダ酸当量/kgとは、検体1kg中に含まれるオカダ酸相当量の数値です。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.17.
みなさま!こんにちは!海水温14.8度☀️

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/11の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。(検体採捕日と結果発表日を除く)

<赤皿貝について>
72 マウスユニット

マウスユニット MUは、
貝及びフグ等の毒の影響量に対する単位。

体重20グラムのマウスに
貝類等の可食部1g当たりの抽出液を注射したとき、

麻痺性貝毒では15分、
下痢性貝毒では24時間で、

死亡させる毒の量が1MU/g(マウスユニットパーグラム)と定義されている。


麻痺性貝毒の症状としては、食後30分で舌、唇などがしびれ、重症の場合は体が思うように動かなくなります。最悪の場合には、12時間以内に呼吸困難などで死亡に至る場合がありますが、12時間を超えれば回復に向かいます。人の致死量は、体重60キログラムの人で、約3千マウスユニットから2万マウスユニットと言われています。

また、下痢性貝毒の場合、食後30分から4時間以内に発症しますが、約3日ほどで全快します。下痢性貝毒による死亡例はありません。

食品衛生法では可食部1グラム中に含まれる
麻痺性貝毒は4MU以下、
下痢性貝毒は0.05MU以下と
規定されており、この値を上回った場合は出荷の自主規制などの措置を行う。この規制により、近年は市場流通品の貝による貝毒の食中毒は発生していません。

※下痢性貝毒は現在、OA当量/kg:オカダ酸当量パーキログラムを併用しています。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.16.
みなさま!こんにちは!海水温 15.7度☔

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/11の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
71 貝毒検査の視察

私は以前(2003・平成15年)に、
貝毒検査の視察にいったことがあります。私たち人間が安全な食生活をおこなうために、マウスを利用して検査するのを丁寧に教えてもらったことを思い出します。

平成14年末、全国的にノロウイルスの影響で、生食用殻付カキの漁協出荷は取り止めになり、養殖施設には残ったカキや付着生物が更に重量を増し、浮き玉を増やしても沈む恐れがありました。
漁協出荷だけでの危機感が強く、漁業者自らも消費者に繋がる行動をしなくてはいけない。
翌年15年春、私が28歳の時、高齢の父からの事業継承、浄化設備の充実、漁協の理事の挑戦(1期のみ)、後輩2名雇用、と果敢に行動し、初夏には新規の顧客も増えはじめていきましたが、その年も数年ぶりの貝毒で出荷規制した真夏を覚えています。
そこで、以前から理解不足だった、
貝毒の検査?マウスユニット?
のことを学びたく、検査機関に快く承諾してもらい、3人で視察にいきました。実際にマウスが注射されるのを見ると かなり複雑な気持ちになります。
食の安全のためには、とても大事な仕事だと認識しました。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.15.
みなさま!こんにちは!海水温15.3度☔

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/11の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

本日は、岩手県立大学生の9名の方が、漁業支援で私のカキの作業を手伝っていだきました。あいにくの雨模様でしたが、無事作業も終えて今帰ったところでした。 普段一人で作業しているので、たまに学生の方に手伝いに来てもらうと嬉しいものです!

<赤皿貝について>
70 ベビーアカザラガイ

岩手県立大の皆様にカキの作業をしながら、とってもらったベビーアカザラガイです!

佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.14.
みなさま!おはようございます!海水温15.8度☀️

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/11の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
69 監視対象二枚貝等

岩手県では、岩手県漁連においてホタテガイの貝毒の検査が毎週おこなわれています。
その貝毒検査で、
麻痺性が基準値2.0MU/gが超えた場合
(※出荷規制値は4.0)
下痢性が基準値0.05mgOA/kgが超えた場合
(※出荷規制値は0.16)

県漁連及び当該検査海域の漁協が協議の上、監視の強化等の取組みが実施されます。

監視対象二枚貝等
「ホタテガイ、マガキ、イワガキ、ムラサキイガイ、アカザラガイ、アサリ、トリガイ、ウバガイ、エゾイシカゲガイ、マボヤ、トゲクリガニ」となります。

※マボヤ(尾索動物)とトゲクリガニ(節足動物)は二枚貝ではないのですが、貝毒プランクトンを摂取蓄積するので監視対象です。


昨日カキのハジキを煮て食べていたら、ガリッと!小さい殻かな!ヤバい歯が!おっ!カキ真珠だ!珍しいけど!小さいし!光沢は無いし!アコヤ真珠には敵わない。

佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.13.
みなさま!おはようございます!海水温 15.6度☀️

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った場合、山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは6/11の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
68 貝毒の出荷自主規制値

※岩手県漁連サイトのホタテ貝毒検査情報の出荷自主規制についてを引用して説明します。

出荷自主規制値は、
麻痺性貝毒が 4.0MU /g(可食部)、
下痢性貝毒は 0.16mgOA当量/kg(可食部)です。

・1MU/g(マウスユニットパーグラム)とは、
麻痺性貝毒に関して、ホタテガイ等の貝類の可食部1g当たりの抽出液をねずみに注射したとき、15分間で死亡させる毒量を指します。 

・OA当量/kg(オカダ酸当量パーキログラム)とは、
下痢性貝毒に関して、貝類の可食部の抽出液から機器分析法によって得られる毒量を指し、国によりその規制値は0.16mgOA当量/kgと定められています。
なお、平成27年3月6日から国の規制値が見直され、下痢性貝毒に関しては、0.05MU/gであったものが
0.16mgOA当量/kgとなりましたが、新たな検査体制が整うまでの間は従来の規制値(0.05MU/g)を用いてよいこととされており、岩手県では、当面の間、従来の規制値と新たな規制値(0.16mgOA当量/kg)を併用して検査を実施します。

○検査の結果、規制値未満で3週間経過すると、再び出荷できるようになります。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.12.
みなさま!おはようございます!海水温 15.6度☁️

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷は自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒規制値を下回った時点で山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
・尚、山田湾海域のホタテガイ・カキ・ホヤは昨日の検査発表で規制値が下回っていますので、水揚げ出荷されています。

<赤皿貝について>
67 貝毒の基準値と規制値

私は貝毒の検査体制の変化強化についていけず理解不足し、特に基準値と規制値を混同していました。誤解する説明がありましたことを深くお詫びいたします。
私の間違いを正すために漁協の担当職員から「ホタテ及びホタテを除く監視対象二枚貝等の貝毒検査体制等」の説明を受けてきました。
理解して説明することは簡単ではないのですが、貝等の生産では大事なことですので、ポイントを分けて説明していきます。

○麻痺性貝毒(毒値の単位…MU/g)
・基準値2.0以下:毎日出荷 可能
・ 2.0を超え3.5未満:監視強化等の取組みとして、次回の検査発表日の出荷を自粛(主に毎週火曜日)
・3.5以上4.0以下:次回の検体採捕日から検査発表日まで当該種の出荷を自粛(主に日曜検体採捕日~火曜検査発表日まで)
・4.0を超えた場合:出荷自主規制の実施

○下痢性貝毒(毒値の単位…mgOA当量/kg)
・基準値0.05以下:毎日出荷 可能
・ 0.05を超え0.16:監視強化等の取組みとして、次回の検査発表日の出荷を自粛(主に毎週火曜日)
・0.16を超えた場合:出荷自主規制の実施

※6月11日付けで 岩手県山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは 下痢性の貝毒値が0.16を超えたので 出荷自主規制となりました。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.11.
みなさま!おはようございます!海水温 15.4度☁️

・現在岩手県山田湾海域でアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)の下痢性貝毒の規制値を超過しています。したがいまして私のアカザラガイの出荷も自粛しています。
・今後は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒基準値を下回った時点で山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。

<赤皿貝について>
66 山田湾での貝毒

昨日夕方時点で、漁協から、アカザラガイとムラサキイガイの下痢性の貝毒のため出荷自粛の連絡が入りました。

前回の山田湾海域でのホタテガイの下痢性貝毒は基準値未満だったが、上昇傾向がみられたので、カキ・ホヤ・ムラサキイガイ・アカザラガイも検査した結果です。

岩手県では県内を12の海域に区分して監視定点を設け、ほぼ毎週1回ホタテガイの貝毒検査を実施しており、その結果が国が定め準値を超えた場合は、その海域のホタテガイの出荷を規制していますので、スーパーなどで販売されているものは安全です。

比較的に、山田湾は貝毒の発生が基準値未満で推移し、数年に一度しか出荷自粛しません。

山田湾は貝毒も他のプランクトンやデトリタスなどの混濁も少なく透明度も高いです、そのことはエサが少なく、他の海域に比べてカキ・ホタテなどの成長や身入れが難しい湾です。
食べるの大好き
2019.06.10.
本日無事に届きました!さっそく、グリルで焼いて食べました(^^)我が家では、お刺身、炭火焼、炊き込みご飯、酒蒸しで食べましたが、焼いて食べるのが人気です(*^o^*)
家族みんな大ファンになりました(^^)
今回で2回目ですが、またお願いすると思います!暑い中のお仕事になってくると思いますが、応援しています!また美味しい赤皿貝を待っています(^^)
ごちそうさまでした!
商品 : 岩手山田湾の活「赤皿貝」 | 2,000 円

佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.11.
食べるの大好き様 ありがとうございます!アカザラガイの貝焼きは味がアップしていくので地元でも定番人気です!また宜しくお願いします(^^)
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.10.
本日、所属する三陸やまだ漁協より山田湾海域の「監視対象二枚貝の貝毒検査におきまして、ムラサキイガイ及びアカザラ貝が下痢性貝毒の規制値を超過しましたので、本日からムラサキイガイ及びアカザラ貝の出荷は自粛となります。」
と連絡が入りました。

つきましては私のアカザラガイも現時点でご注文の受付を中止いたします。尚、関連情報ですが、カキとホヤは基準値未満です。ホタテは明日火曜日の発表です。

またアカザラガイ及びムラサキイガイ(ムール貝)は、漁協で毎週検査をしていき3周連続で貝毒基準値を下回った時点で山田湾海域のアカザラガイとムラサキイガイは出荷再開となります。
なべひろ
2019.06.11.
早く基準値下回って再開できますように…。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.11.
なべひろ様 いつもお気遣いありがとうございます。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.10.
みなさま!おはようございます!海水温 15.4度☁️

・下痢性貝毒の数値及び原因プランクトンの検出量が上昇しているため 検査中の6月10日(月)11日(火)は出荷は自粛となります。
・11日の午後、貝毒検査の結果が分かり次第12日(水)からのご注文発送のお知らせをします。

<赤皿貝について>
65 ドクターストップ

東日本大震災の後、私は花粉症の症状が悪化しました。

父との介護生活、参加できない漁業の共同作業、瓦礫の撤去、草刈り、墓地の管理など…
生活再建は程遠く、毎日焦っていました。

その日々のなか、顔に違和感を感じていました。鼻の脇・副鼻腔のあたりが腫れている?息苦しくて辛い。年に数回おこるので、父がお世話になっていた釜石の耳鼻科を受診しました。

結果、重度の花粉症(スギ・ブタクサ・ヨモギ・カモガヤ等)と診断され、先生から草花に接しないように注意されました。
「先生!俺が草刈りさねえばねぇ、本家の伯父伯母も、亡くなった姉の家族も、震災で山田を出ていったし、自宅の周りも、魚具資材の置場も、墓地も4件分 掃除しねえばねぇのす」
『お前 ショック死 するぞ、草刈りは止めなさい』

確かに頬の腫れは、草刈りを頑張った後 必ず出ていました。しかし世間体もあります。
ご近所の皆様には事情を説明して草刈りの清掃活動は遠慮させてもらっています。自敷地内は仕方なく除草剤を使うことにしました。墓地は除草シートを敷き詰めたので、年間の草刈りが軽減しました。他どうしよもない時はマスク着用と気合いで草刈りします。

お陰様で、草花を触れないように、花粉を吸わないように、意識して生活するようにしてからは、頬の腫れは出なくなりました。

でも生前の父や花粉症のない方に、理解は難しく、怠け者にみられることも普通にあります。

ん〰️ 他人様の思考や感情まではどうしよもないので、できる得意分野で社会に貢献します。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.09.
みなさま!おはようございます!海水温 15.3度☀️

・現在6月9日まではアカザラガイの発送も可能です。
・下痢性貝毒の数値及び原因プランクトンの検出量が上昇しているため 検査中の6月10日(月)11日(火)は出荷は自粛となります。
・貝毒検査の結果が分かり次第12日(水)からのご注文発送のお知らせをします。

<赤皿貝について>
64 花粉症

私が20代はじめ、花粉症であることを自覚していきました。最初は風邪だとおもったが熱がない?
特に春先に毎年症状が出る?
冬場のカキの出荷が一段落して、
春に筏をこっさぎ、古い筏と交換作業!
近くの山から、注文した間伐の杉材(12m10本・4m15本:養殖筏一台分)が浜におろされる。
花粉が出る時期と、杉材で筏をつくるのが重なって、鼻水や目の痒みなどがキツい?、気合いと根性と風邪薬ではどうにもならない?
段々にこれが花粉症だと認識していきました。根性論の父には理解されない。
どうして花粉症になったのだろうか?
父や仲間がヘビースモカー?東京就業時のトラックターミナルでの排気ガス?船の排気ガス?食生活やストレス?

ん〰️ 目が痒い、薬で頭がボーっとする、はやく花粉シーズン終わらないかな、ん〰️
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.08.
みなさま!おはようございます!海水温 14.9度☔

・現在6月9日まではアカザラガイの発送も可能です。
・下痢性貝毒の数値及び原因プランクトンの検出量が上昇しているため 検査中の6月10日(月)11日(火)は出荷は自粛となります。
・貝毒検査の結果が分かり次第12日(水)からのご注文発送のお知らせをします。

<赤皿貝について>
63 アナフィラキシーショック

私のアレルゲンは、主に花粉とタバコとアワビです。

アナフィラキシーショックという言葉を知る以前、未成年時にアワビに数回あたっていました。
食卓にハネモンのアワビが出るときがあります。そのアワビを食べた数分後、自分だけ全身の痒み・蕁麻疹・嘔吐・鼻の詰まり・呼吸困難・目の痒みなどが出て、恐くなりました。

両親は疲れきっているし、母は癇癪が強い性分なので、子供だった私は怒られるのが嫌で、ひとりゼイゼイと布団に潜り、症状がおさまるのを祈って一晩過ごしました。幸い明朝には回復し難を逃れました。

社会人になってから、アレルギーがあることを知り、今ではアワビはちょっと味をみるだけ食べます。

生前の父には、全くアワビのアレルギーは理解されず変に思われていました。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.07.
みなさま!おはようございます!海水温15.3度☁️

・現在6月9日まではアカザラガイの発送も可能です。
・下痢性貝毒の数値及び原因プランクトンの検出量が上昇しているため 検査中の6月10日(月)11日(火)は出荷は自粛となります。
・貝毒検査の結果が分かり次第12日(水)からのご注文発送のお知らせをします。

<赤皿貝について>
62 アレルゲンと向き合う

どんなに美味しい物でも、どんなに楽しい場でも、アレルゲンがあったら大変なことになります。

人それぞれアレルゲンは違います。家族でも友人でも違います。
本人がアレルゲンを自覚しているにが望ましいです。新しい食品を食べるときは、どんなに美味しくても少しずつ食べて、自分の体にあうかも見極めてください。

はじめて会う方に、私の生産物のアカザラガイや牡蠣・ムール貝・ホヤ等を食べてもらうときは、できる限り、貝毒・ノロウイルス・細菌などの食中毒の説明やアレルゲンの確認をします。
そしてちょっとだけ食べてもらって、苦手なら食べ残してくださいね!とお願いします。勢いとまらずバクバク食べてもらって嬉しいです、後日感想をもらいながら不調もなかったのを確認して安心します。

ちなみに私のアレルゲンは、主に花粉とタバコとアワビです⤵️
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.06.
みなさま!おはようございます!海水温 14.6度☁️

・現在6月9日までアカザラガイの発送は可能です。
・下痢性貝毒の数値及び原因プランクトンの検出量が上昇しているため6月10日(月)11日(火)は出荷は自粛となります。
・貝毒検査の結果が分かりしだい12日(水)からのご注文発送のお知らせをします。

<赤皿貝について>
61 アレルゲン

表示の義務があるもの
特定原材料7品目
えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生

表示が推奨されているもの
特定原材料に準ずるもの20品目
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

その他のあらゆる物がアレルゲンになります。
カキ、ホタテ、アカザラガイ、ムール貝、
アルコール、花粉、タバコ、シックハウス、ダニ、カビ、寄生虫、動物のフケやフン、など

アレルゲンは人それぞれ違いますので無理のない飲食をお願いします。体調がすぐれない時は、どんなに美味しいものでも食べることを停止してください。過度に他人にも進めないでください。食べ残してください。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.05.
みなさま!おはようございます!海水温 15.1度

・現在6月9日(日)まではアカザラガイの発送も可能です。
・下痢性貝毒の数値及び原因プランクトンの検出量が上昇しているため6月10日(月)11日(火)は出荷は自粛となります。
・貝毒検査の結果がでしだい12日(水)からのご注文発送のお知らせをします。

<赤皿貝について>
60 トレーサビリティ

Traceability:トレーサビリティ
対象とする物品(とその部品や原材料)の流通履歴を確認・追跡できることである。追跡可能性

Trace:トレース、跡 足跡
Ability:アビリティー、能力 技能 才能

このポケットマルシェでご購入してもらった商品は生産者・物流業者・消費者と流通履歴の確認が無理なくできる素晴らしいプラットホームです!

続60

一般的な流通では
漁業者→産地魚市場や漁協集荷場→地元仲買業者→物流業者→消費地卸売市場→消費地仲買業者→小売店→最終消費者
となります。

大量の物を確実に処理するのには合理的なシステムです。
ただし、トレーサビリティを完璧に導入するのには、煩雑な記録作業など労力の負担がしいられます。
その増えた作業分は価格に上乗せするか、仕入れ費用をおさえます。魚価安の原因にもなります。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.04.
みなさま!おばんです!

先ほど所属する三陸やまだ漁協から山田湾海域の貝毒検査は基準値未満であると連絡が入りました。

よって、アカザラガイも明日5日~来週9日まで発送が可能です。ご理解のほど宜しくお願いします。
マルドゥック
2019.06.04.
ようやくですね!よかった!
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.04.
みなさま!おはようございます!海水温 14.6度☀️

毎週火曜日(本日6月4日)は岩手県の貝毒検査発表日ですので、アカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
59 HACCPと現状

HACCP:ハセップ、ハサップ、ハシップ、同じです!

Hazard:ハザード、危険 危害
Analysis:アナリシス、分析
and
Critical:クリティカル、緊要 重要
Control:コントロール、管理
Point:ポイント、点

よってハサップとは
危害分析重要管理点 です。

もともとHACCPはアメリカのNASAで宇宙食の安全確保のために開発されたものです。以後、大企業をはじめ、食品加工業にも取り入れられていった。

現実問題、HACCPの導入は相当な資金力・スペース・労力が必要です。衛生設備が整っている先進企業でも、食中毒がでています。

自然にさらされている漁業の現場では、完璧な衛生やHACCPは困難です。まずは保健所の指導も取り入れながら、
食中毒の原因を把握し、作業従事者の健康管理につとめ、浄化海水を使用し、水揚げ物を、汚さない、菌などを増やさない、洗い流す、浄化蓄養する、保冷する、手洗い、アルコールスプレーの使用など可能な対策をし、
とにかく、目に見えない細菌やウイルスは常にあるものと想像し、小規模な事業であっても、出来る限りの衛生面を構築し、安心安全でなおかつ美味しいアカザラガイや牡蠣をお客様に食べてもらえるようつとめます。
しほ
2019.06.03.
佐々木さま
ありがとうございました😊職場でのバーベキューで美味しく頂きました。子供達も大喜びだったそうで、今回も佐々木さまにお願いしてよかったと思いました。発送についても、わがままばかり申しましたが気持ち良く対応頂きありがたかったです。またお願いしますね。
ちなみに、本当に本当に残念な事に当日私は体調不良で参加できませんでした。トホホ😭

佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.04.
しほ様 ありがとうございます!
あいにくの体調不良ざんねんでしたね。お子様や皆様にアカザラガイ喜んでいただいてなによりです。赤皿貝とお肉!BBQに赤皿貝!とても嬉しい光景です❗
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.03.
みなさま!おはようございます!海水温 15.7度☀️

毎週火曜日(明日6月4日)は岩手県の貝毒検査発表日ですので、アカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
58 腐敗

生き物は、活性を失うと、腐敗や発酵で分解がほどこされ、その存在は死滅し、あらたな物質や生命に生まれかわり循環します。

死滅する・弱る・いたむ・足がはやい・腐る・味が変化する・活力がおちる・元気が低下する・におう・見た目が違う・色が変わるなど表現も様々です。

アカザラガイは他の魚介藻類に比べても弱るスピードがはやいです。

海~水揚げ~付着生物処理~浄化~梱包~配送~お届け!

ある日突然、私らに狩られた、アカザラガイらも多くのストレスを感じています。
各作業を工夫して弱るスピードを遅くして元気な状態を保っています。届いたら直ぐに食べることをおすすめします。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.02.
みなさま!おはようございます!海水温 14.8度☀️

⏺️毎週火曜日(次回6月4日)は岩手県の貝毒検査発表日ですので、アカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
57 害虫 害獣 害鳥

彼らには何の罪もないです。しかし私たち人間が安全な食べ物をいただくためには、被害でないよう、ご遠慮願いながらきびしい対策をこうじています。

害虫:ハエ、蚊、蜂など、自然の仕事なので、普通に発生来襲します。可能な整理整頓清掃を心がけます。

害獣:ネズミや野良猫など、食品や生き物を食い荒らしたり、漁具や道具を噛ったり、糞尿の被害がでます。戸締まりや、隙間がないようにつとめます。

害鳥:カラス、ウミネコ、セグロオオカモメ、トンビなど、油断していると魚介がとられます。糞害が酷い。とにかく寄せ付けない、観光業ではないので野鳥に餌をあたえないようしています。また、海鵜やカモメ類は、放流した鮭の稚魚も食べ被害がでます。

私は動物・植物・生き物全般、好きですね!
選ぶならネコ・犬・梟・ウリクラゲなど好きです。しかし食品にたずさわるので、あまり触らないようにしています。たまに我慢できず、ペットを撫でさせてもらった時も、よく手を洗います。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.06.01.
みなさま!おはようございます!海水温 14.3度

毎週火曜日(次回6月4日)は岩手の貝毒検査発表日ですので、アカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
56 食品で注意される主な重金属

亜鉛
アンチモン
カドミウム
スズ
セレン


ヒ素(軽金属)
水銀
クロム

もともと自然の中で普通に生物や食品に入っている重金属や、
工業の発達によって過度に排出された重金属や、吸殻など故意に有害な物質を自然界に排出したり、結果めぐって、あらゆる生物にも私たちヒトの体内にも重金属等も入ってきます。

酸素も毒だった、生物はそれを克服して利用した。生物は身近にある物質を利用しあらゆる機能を獲得した、その物質には、必須な成分や微量元素・重金属も有害な物質もまざっています。しかしどんな物質でも、過度に摂取すると毒になります。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.31.
みなさま!おはようございます!海水温 13.4度⛅

毎週火曜日(次回6月4日)は岩手県の貝毒検査発表日ですので、アカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
55 細菌等の検査項目

写真は細菌等の検査項目の一部です。
検体を数多く調べるほど、安全面のデータは蓄積していきます。費用も膨大になってきます。

また、お客様が実際に購入して食べているものを検査することは不可能ですので、一部検体を抜き取ってモニタリング検査します。

まだまだ売上より費用がかかっているので、納得のいく検査体制までいってない状況です、そこは経験と知識と事例をかみして衛生面をカバーしています。

1日でも早く過去の負債を改善し、利益が出るようにして、衛生面の予算も拡充し、一段とお客様に安心安全で美味しいアカザラガイ等を食べてもらえるよう つとめていきます。

佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.30.
みなさま!おはようございます!海水温 14.1度☀️

毎週火曜日(次回6月4日)は岩手の貝毒検査発表日ですので、アカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
54 腸炎ビブリオ

・好塩性です・海にいます
・海水中では、水温が20℃以上のときに活発に増殖するが、15℃以下のときには増殖が抑制される。
・よって、私は水揚げしたアカザラガイや牡蠣は、紫外線で殺菌した海水を使用して、目に見えない細菌がついていることを想像して、浄化海水で洗い流し、浄化水槽で蓄積期間をもうけ、アカザラガイや牡蠣を氷で保冷して梱包し発送します。
・腸炎ビブリオは、主に海産の魚介類に付着しており、それをヒトが生で食べることによって食中毒をおこします。
・魚介類を生で食べる日本は腸炎ビブリオの食中毒が多かった。
・保健所等から腸炎ビブリオの情報と対策が漁業者にも指導されて、作業の衛生面が徐々に向上し、腸炎ビブリオの食中毒も低下してきた。
・腸炎ビブリオは海水に広く存在するため、生鮮海産魚介類をかいした経口感染が主。
・本菌による食物の汚染を防ぎ、汚染された食物を摂取しないことがもっとも重要である。
・増殖が早い菌!特に夏期には生の魚介類を常温で放置しない!低温に弱い4度以下!真水に弱い!
・耐熱性毒素:赤血球の細胞膜に孔をあけて溶血現象を引き起こす溶血毒
・細菌のことをあまり知らなかった先輩漁師が、「なんともねえが海で洗ったけ-きれいだがっ」と、夏場 塩ウニやイカなどで、食中毒にひどい目にあったエピソードはたまに聞きます!
・先日、山田町で講演をしてくれ方との懇親会で伺ったの話しです。東南アジアで接待を受けた時、腸炎ビブリオで数日ホテルで寝込んで大変だったと言っていました。自分だけに出された立派なエビで、味も違和感があったが、皆の手前無理して食べたらしいです。

・とにかく細菌ウイルス全般に、着けない、増やさないことを気をつけて日々の作業に取り組んでいきます。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.29.
みなさま!おはようございます!海水温 13.9度☔

毎週火曜日(次回6月4日)は岩手の貝毒検査発表日ですので、アカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
53 大腸菌は指標生物

・腸内細菌です
・温血動物(鳥類、哺乳類)消化管内にいます
・ヒトでは特に大腸にいます
・ほとんどの大腸菌は無害
・大腸内でなく血液や尿路系に侵入したら病原体
・病原性大腸菌:O157、O111、
・赤痢菌は近縁だが特に危険
・大腸菌は指標生物:腸内に生息する菌であることから、この菌の存在は、海水や食品などの、汚れの程度の指標として用いられる
・ヒトの腸内に常在する微生物の中で、大腸菌の割合は極めて少ない

佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.28.
みなさま!おばんです!
先ほど所属する三陸やまだ漁協から山田湾海域の貝毒検査は基準値以下であると、下記の内容で連絡が入りました。よってアカザラガイも明日29日~来週月曜日6月3日までは発送が可能です。ご理解のほど宜しくお願いします。


『本日のほたて貝毒検査は、下痢性・麻痺性とも基準値以下となりましたので、明日からのほたて及び監視対象二枚貝の出荷は、通常どおりとなります。
なお、次回の検査発表日は、令和元年6月4日(火)です。
検査発表日は、ほたて貝及び監視対象二枚貝の水揚が自粛となります。』
佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.28.
みなさま!おはようございます!海水温13.3度☁️

毎週火曜日(本日28日)は岩手の貝毒検査発表日ですので、今日はアカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
52 細菌

細菌は、人の都合でみると、

有用な細菌、日和見な細菌、有害な細菌、と分けられます。

検査でおこなわれる 一般生菌数は、
寒天培地で限られた栄養条件下のもと、好気的にある一定の温度条件下で発育する菌数を測定したもので、食品の衛生学的品質を評価する衛生指標菌の一つです。

よって、一般生菌が全部、有害な細菌ではないです。

また、この寒天培地で生育しない、
ウエルシュ菌・カンピロバクター・腸炎ビブリオや、酵母・乳酸菌など多くの細菌もあります。

佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.27.
みなさま!おはようございます!海水温13.3度☀️

毎週火曜日(明日28日)は、岩手の貝毒検査発表日です、この日はアカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
51 貝毒の思い出

貝毒のことをまとめていたら、ふと思い出しました。
私(1974・昭和49生)が
小学生の時(1980年代・昭和50年代後半)

夏場、父の作業場の近くの岸壁です、

浜に遊びに来ていた友達と私は、
小学校の先輩2人が焚き火をしているところに、
まぜてもらいました、

先輩は海から、しゅうり(ムール貝)を
採ってきて、焼いて食べていました。
私らも、いだだきました。
「うんめー!、ただただ!うまい!」
「おめーどーも!もっと!採ってこー!」
けっこう食べました!

その危険な状況に気づいた父は、
作業を止め、飛んできて、普段温厚な父が
ものすごい剣幕で怒鳴りました
「んなー どーは なに やっちゃあ」
「喰うな」「吐き出せ」

さいわい大事にはいたりませんでした。
小学生の自分らには、ことの重大さを理解できなかった。時がだいぶ経って、あれは貝毒が発生していたのだろうと反省しました。

貝毒は、下痢性と麻痺性とあり、
海域ごとの検査をして、安全を確認して、水揚げ・流通・販売しています。


日本全国、どの浜でも、漁業権等のルールや安全面の検査等があります。
磯のものを採っていいのか?食べていいのか?衛生面は大丈夫なのか?必ずその浜のルールや背景をご面倒でも確認してください。

まんいち、
浜の漁師に注意されたり、怒鳴られる場合は、
一言で説明できない様々な背景があることをご理解ください。
どなた様もお互いに嫌な気持ちにならないよう、ご留意いただければありがたいです。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.26.
みなさま!おはようございます!海水温12.7度☀️

毎週火曜日(直近28日)は岩手の貝毒検査発表日です。この日はアカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせをします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
50 細菌の基準について

私は先の東日本大震災まで、生食用殻付カキを生産し、所属する三陸やまだ漁協(合併前は山田湾漁協)の共同出荷を行っていました。しかし震災と介護とで自営漁業の復旧に出遅れました。
現在、殺菌海水の設備はし使用していますが、生食用のカキは断念しています。殺菌海水を使ったうえで加熱用でカキを販売しています。

細菌もウイルスも貝毒も0にすることは、設備も確認することも費用も、限りなく膨大なため、基準がもうけられています。

設備費用と検査費用と諸経費を勘案しても、今の浜値・卸値では、厳しすぎるので、カキの生産は大幅に減らし加熱用で地元の魚市場に少量 出しています。

今後も安心安全な状態でお客様に商品をお渡ししたいので、使用する海水は殺菌し生食用カキの基準で使っています。
今後も利益と予算・資力をかんがみながら、衛生の設備の改善と検査等を増やしていきます。

※生食用かきの基準は以下のようになっています。
・細菌数が 1g 中 50,000 以下
・E.coli(大腸菌)最確数が 100g 中 230以下
・腸炎ビブリオの最確数が 1g につき 100 以下

よって、私のアカザラガイ等も、殺菌海水を使い、このカキの基準に準じて、安心安全な物をお渡しできるように作業をしていきます。

佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.25.
みなさま!おはようございます!海水温12.8度☀️

毎週火曜日(直近28日)は岩手の貝毒検査発表日ですので、私のアカザラガイも出荷発送できません。したがいまして結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
49 ノロウイルスの陽性 陰性

検査機関で、RT-PCR法などで、ノロウイルスの遺伝子を増幅し、ノロウイルスがどの程度、その検体に存在していたかを検査して陰性・陽性とされます。

よって、ノロウイルス自体が生きているのか、死んでいるのか、不活性化しているのかは、わかりません。
検査でノロウイルスの遺伝子があったことで、陽性・偽陽性とされます。

岩手県の山田湾の海域では、生食用殻付カキの出荷をしていますので、ノロウイルスの検査をし発表しています。
※三陸岩手のカキ情報ノロウイルス検査結果を検索 参照をお願いします。

山田湾のノロウイルスの検査発表に準じ、陽性が出た場合は、私のアカザラガイの生食は控え、加熱していただくようお願いする場合があります。
佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.24.
みなさま!おはようございます!海水温11.8度☀️

毎週火曜日(直近28日)は岩手の貝毒検査発表日ですので、私のアカザラガイも出荷発送しません。結果が分かり次第ご注文発送のお知らせします。また詳しくはメッセージでも個別に説明します。

<赤皿貝について>
48 ノロウイルス

ウイルスも細菌やカビなど微細な生物も、空気・地上・水中・人や生物の表面・体内に存在しています。
微生物は共生・寄生したり、時には重篤な症状におかされることもあります。

ウイルスの中でもノロウイルスには長年苦しめられてきました。

ノロウイルスは人間の腸管上皮細胞でのみ増殖します。

よってノロウイルスは人から人の感染、飛沫感染、接触感染、間接的にドアノブでも感染します。

河川・下水を通じて、有用な微生物・有害な微生物・その他の物質・ミネラル・土砂も海に流れ込みます。
牡蠣やアカザラガイやホヤなど魚介全般、それらを含む海水を吸い込みます。

二枚貝の中腸腺(ウロ)などの消化器系には有害なウイルスや細菌や貝毒も蓄積します。

十分な加熱処理すれば、ノロウイルスや細菌も死滅します。(注:貝毒のタンパク構造は加熱しても無毒化できません)

牡蠣は生で内蔵を食べる楽しみがあるので、牡蠣の生食は浄化されている物と、その産地の海域情報をご確認した上で選んで下さい。また食べるかたの体調やその場の環境・状況も大事になってきます。

私のアカザラガイも、牡蠣同様に安心安全に留意し生産出荷をおこなっていきます。

もっと詳しくは
三陸岩手のカキ情報
ノロウイルス検査結果
を検索しご確認いただければありがたいです。


佐々木友彦 | 振興丸
2019.05.23.
みなさま!おはようございます!海水温11.7度☀️
<赤皿貝について>
47 貝毒プランクトン

岩手の海域の主な貝毒プランクトンです。

下痢性:ディノフィシスフォルティとディノフィシスアキュミナータ

麻痺性:アレキサンドリウムタマレンセとアレキサンドリウムカテネラ

貝毒プランクトンの毒素のタンパク構造は、加熱しても無毒化できません。
よって、海域ごとに貝毒検査をして、貝毒に基準値未満でなければ、水揚げ・出荷・販売しないことになっています。

詳細は
岩手県のホタテガイ貝毒検査結果
を検索し、ご確認いただきたいです。