とにかく食べて欲しい、パッションフルーツ

最近食べて衝撃をうけたもの。それがこのパッションフルーツ。


とにかくおすすめしたい。すごいから。


と、こんなにおすすめしているけれど、実は、私がパッションフルーツを食べたのは、今回が初めて。

初めてのパッションフルーツ、こんなにおいしいものを食べていいのかな……なんて余計なことを考えてしまったほど。


でも、ただ適当におすすめしているわけじゃない、このパッションフルーツにはわくわくする魅力がたくさんある。


まずはこれ。


とってもかわいい箱に入っているから、箱を開ける前からすごくわくわくする。

自然いっぱいの島で、海風を浴びて育ったんだろうなぁとか、生産地の魅力が一瞬で伝わってくるのがいい。


箱を開けるとこんな感じ。ごろっとしたかわいらしいパッションフルーツたちがぎゅっと詰まっている。大切な人へのギフトにも喜ばれるだろうなぁ。

hiyoさんの投稿より


そして次のわくわくポイントはこれ。


見た目は茶色っぽくて地味な色味なのに、中を開くとこんなにもつぶつぶとした鮮やかな果肉が現れる。


カリカリとした独特の食感が楽しめる種と、甘酸っぱい黄色い果汁。一度食べたら確実にやみつきになる。


この見た目とおいしさから、あるところでは「森のルビー」なんて呼ばれているらしい。でも、私が森に住んでいたら、この中身がこんなにおいしくてきれいなものだとは思わないかも。


そんなパッションフルーツはもちろんスプーンでそのまま食べてもいいし、アイスやヨーグルトにかけたりしてもいい。

hiyoさんの投稿より


そして、この魅力的なパッションフルーツを作っている、生産者の塩田さんがこちら。


伊豆諸島の三宅島で農家になった塩田さんのパッションフルーツはハウス栽培なんだけれど、こんな風に育てられている。


パッションって実は果樹ではなく、ツル性の植物なんだって。

だから、ヘチマみたいにつるが縦横無尽に広がっていってしまうから、こまめにツルを切ったりとお手入れが大変みたい。

やはり森のルビーはそう簡単には育たないのか。


なんて、熱く語りすぎてしまったけれど、伝えたいのはシンプルにこれだけ。

おいしいから、とにかく食べてみて欲しい。


今回ご紹介した商品はこちら

#トロピカルフルーツの出品をもっとみる

文=日野原有紗

Magazine

あわせて読みたい