【6月が旬!】農家直送の梅まとめ。南高梅もオーガニック梅も販売中です【編集部のクリップ帳】

「俺、今うめしごとにハマってんだよね〜」

誰もがいちどは言ってみたい、やってみたい「うめしごと」。

興味はあるけどなかなか手が出せない、思っているより難しそう、材料をどこで買えばいいかわからない……そんな風に感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを、ポケマルが解決します!


この記事では、梅の基礎知識とともに、今シーズンのポケマルでの梅の出品をまとめています。

農家さんによって、作る品種も違えば、栽培方法も違います。

梅酒や梅シロップ、定番の梅干しから梅ジャムまで、今年はあなただけのうめしごとをしながら、梅雨のおうち時間を楽しく過ごしてみませんか?

目次

ここに目次が表示されます。

梅の実の色、緑と黄は何が違う?

緑色の梅と、黄色の梅があるのを見たことがありますか? その色の違いは、種類ではなく熟度によるもの。緑の梅を「青梅」、黄色の梅を「黄梅」または「完熟梅」と呼びます。

まずは「青梅」と「黄梅」の違いを整理してみましょう!!

-  青梅 -

・旬の時期は5〜6月。
・きれいな緑色
・青梅のタネには身体に有害な成分が含まれているため、生で食べることはできません。
・梅酒や梅シロップ、カリカリ梅などの加工に適しています。

- 黄梅(完熟梅) -

・旬の時期は6〜7月。
・青梅が熟したもので、黄色から赤味を帯びます。
・酸味が薄れ甘味が出てきます。
・柔らかい梅干しや、ジャムなどの加工に適しています。


「うめしごと」という言葉が生まれるほど様々な加工用途がある梅ですが、その種類による加工適性を知ることで、様々な梅加工品を作ることができます。

梅酒や梅シロップ、日の丸弁当に使われるようなカリカリ梅には青梅を、ふっくらした梅干しや梅酢、梅ジャムには黄梅をつかうと良いでしょう。


さらに、梅の素敵なところは、その加工品の保存性が高いこと。(もともと保存食として発展した文化ですからね)

6月に「えいっ」とまとめて加工をしておけば、その後1年でも何年でも楽しみ続けることが可能なんですよ。


……いかがでしょう? うめしごとしてみようかな、と思っていただけましたでしょうか?


ポケマル梅まとめ:青梅編

6月上旬は、青梅のシーズン! さわやかな緑色にぽっと赤みがさして、産毛の生えたコロコロとした梅の実は、まるで赤ちゃんのお肌のよう。見ているだけで幸せな気持ちになりますね。

南高梅(なんこううめ)

みなさんも一度は聞いたことがあるでしょう。梅といえばこの品種! 梅の生産量で圧倒的1位の和歌山県が誇る、最高級ブランドの梅です。

南高梅は高田貞楠さんという方が発見したことから、もともとは「高田梅」と呼ばれていたそうです。昭和25年に和歌山県南部川村(現在のみなべ町)で、最もその土地に適した品種を選ぶために南部高校の教師らが行った調査で選ばれたのが、その高田梅。「部の」から名をとり、「南高梅」と命名されたのだそう。

参考:コトバンクより「南高」の項目田辺市HPより「主要な梅の品種とその由来」


最大の特長は、なんといってもそのフルーティーな甘い香り、そして柔らかな果肉。完熟したものは、日本人のご飯のお供:梅干しにもってこいの品種です。

ちなみに、読み方は「ナンコウバイ」ではなく「ナンコウウメ」ですのでお間違いなく!


◎二葉美智子さんの南高梅

和歌山の梅農家に生まれた二葉美智子さん。農家の厳しさを知りつつも、気がつけば梅農家の嫁になっていたそうです。

子育てと夫の手伝いをして過ごす単調な毎日から抜け出すため、10年前、自分が作った梅は自分で売りたいと”みっちゃんの梅”の屋号で販売を始めました。

二葉さんの南高梅は、完熟のすこし手前で収穫する「木熟」がポイント。お客さんの手元に届いた時にベストな熟し具合になっていてほしい、という、梅の育ち方を熟知した梅農家さんならではのこだわりです。

発送は6月中旬からの予定。「梅で皆さんに元気になっていただきたい!」そんな思いと南高梅への愛があふれる二葉さんの梅をどうぞ!


◎吉瀬雄哉さんの小梅南高梅

和歌山県紀美野町の柑橘農家に生まれた吉瀬雄哉さん。東京での会社員生活の後、実家の柑橘を守るべく柑橘農家になったそうです。

フルーツをお仕度する前には必ず試食して、自信をもって「おいしい」と思ったものを送り出している吉瀬さん。そんな吉瀬さんの柑橘は八朔をから不知火まで大人気です。厳選されたカツオを主とした有機肥料は、長年試行錯誤してたどりついたオリジナル有機肥料なんだそうです。

その中でわずかながら栽培されている梅の木は、もともとは自家用だったため減農薬栽培を行ってきました。今シーズンの農薬散布は2回のみで、4月上旬以降一切農薬は使用しておらず、また除草剤も使用しておりません。

安心して梅酒作りや梅シロップなど梅しごとにご利用ください。


◎深見優さんの南高梅

熊野古道の玄関口:和歌山県上富田町の深見優さんは、有機JAS認証取得の梅農家さん。数少ないオーガニック梅の生産者さんです。

「自分が食べたい梅をつくりたい」という思いから栽培方法にこだわるだけでなく、うめしごとの楽しさを沢山の人に知ってもらうために、深見さん厳選の素材と瓶がセットになった入門キットもご用意! もちろん、梅だけの購入も可能です。

関連記事:有機JAS認証の南高梅で「梅しごとはじめ」。オーガニック梅農家さんに聞きました!とっても簡単!「梅シロップづくり」は初めてのうめしごとにピッタリです。


◎堀内宣隆さんの「たぶん南高梅」

和歌山県有田川町の堀内宣隆さんちの青梅。

「品種は南高梅だとは思うのですが、何しろ古い木なもので断言できないんですよー💦」と、梅の里の農家さんならではのコメントをいただきました。

たぶん南高梅だけど、ほんとうに南高梅かどうかは梅の木のみぞ知る……。このミステリーを解明できる南高梅博士はいらっしゃいませんかー?

農薬・化学肥料は不使用、肥料兼毛虫対策に醸造酢を使ったくらいの、自然の力で育った梅。汚れや表面の斑点はありますが、中身に影響はありません。

今年はサイズのばらつきも少なく、「いい梅ができました!」とのことです♪


その他の梅

◎芝橋宏治さんの自然農梅

徳島県阿波市の日開谷の奥の山の中。樹齢40年以上の梅の木が、この青梅のお母さんです。

有機JAS規格のように国によるルールがあるわけではなく、人によっていろいろな育て方がある「自然栽培」というカテゴリーですが、「芝橋さんの自然栽培」は、農薬・肥料を一切使わずに、自然の持つ力のみで育てる方法です。

そのため、斑点が入っていたり、少し傷がついていたり。若干小ぶりな梅もありますが、中身に影響はありません。


◎平野達也さんの野菜農家梅

静岡県の富士宮市で無農薬・無化学肥料の農作物を年間なんと約80種類も栽培している平野さん。

その中から旬の野菜を届けてくれる平野さんですが、今年は栽培しているわけではない梅の木にたわわに実ったそうです。嬉しい偶然と言いますか、出来事と言いますか、もちろん無農薬です。

野菜農家さんからのおすそ分け、斑点や傷はあるものの、味には全く影響しませんよ。


ポケマル梅まとめ:黄梅編

6月中旬からは熟した黄色い梅のシーズン! 青梅よりもより豊かに香りを増した黄梅は、梅ジャムや梅干し作りに最適です。

現在農家さんが準備中ですので、今しばらくお待ち下さいm(_ _)m

* * *


梅の旬は一瞬です!! あっという間に熟してしまいます。

梅しごとをはじめてみたい方、今年も挑戦する方も、用途にあったベストな梅のタイミングを見逃さないよう、注意して見てくださいね!

#梅しごとしようの商品をもっとみる

文=ポケマル編集部


Magazine

あわせて読みたい