ハロウィンかぼちゃで「ジャック・オ・ランタン」の作り方

10月31日はハロウィン。お菓子や仮装グッズなど、街はすでにハロウィン一色ですね。

ハロウィンと言えば、オレンジのカボチャを使ってつくる「ジャック・オー・ランタン」ですね。


富山県の吉田信一郎さんの「ハロウィンかぼちゃ」は、直径20センチほどの手頃なサイズ。

こんなムーディーな表情も、


こんなキュートな表情も、

あなたのお好みに合わせて、オリジナルの手づくりランタンに仕立てることができます。


今回は、手軽にできるシールタイプのジャック・オ・ランタンと、本格派の彫るジャック・オ・ランタン、2種類の作り方をご紹介します。


ジャック・オ・ランタン①(シールタイプ)

【材料・道具】

観賞用かぼちゃ 

黒いシール

ペン

はさみ

えんぴつ


【作り方】

1. 紙にペンでかぼちゃの顔を描きます。


2. 黒いシールの上に①の紙を置き、えんぴつで顔のパーツの輪郭をなぞり、シールに転写します。


3. はさみでパーツを切り取ります。



4. かぼちゃの表面を拭いて汚れや水気を取り、③を貼ったら完成です。


ジャック・オ・ランタン②(彫刻タイプ)

【材料・道具】

観賞用かぼちゃ 

油性ペン

包丁

小刀/カッター/彫刻刀

漂白剤


【作り方】

1. 油性ペンで彫りたい顔を描きます。


2. かぼちゃの底を包丁でまるくくり抜き、スプーンで中のわたを掘り出します。わたが残らないように丁寧に取りましょう。


3. ①で描いた顔を小刀などを使ってくり抜いていきます。けがをしないように、慎重に抜いていきましょう。


4. かぼちゃの中やくり抜いた部分を流水で洗い、かぼちゃのかすを洗い流し、キッチンペーパーなどで水気をしっかり取ります。

5. 水でごく薄くした漂白剤をキッチンペーパーに染み込ませ、かぼちゃの中やくり抜いた部分を拭いたら完成です。


ポイント・注意

・かぼちゃの皮が固い場合は、カッターの刃が負けてしまうことがあります。その場合は小刀や彫刻刀など固い刃を使ってください。

・手をけがしないよう、支えの手に軍手をはめるといいでしょう。

・小さなお子様は、保護者の方と一緒に作りましょう。

・漂白剤での拭き取りの工程は殺菌、消毒のために行います。肌が弱い方は、拭き取りの際、ゴム手袋などをしてください。

・なるべく風通しのよいところに置いてください。2~3日ほどすると、水分が蒸発でしわが寄ったりすることがあります。ハロウィンの数日前に製作するのがおすすめです。


関連出品


かぼちゃの出品をもっとみる


※この記事は2016年10月20日に公開した記事を加筆修正したものです。ランタン作成写真に使用したカボチャは、2016年の青森県赤石敦さんのハロウィンかぼちゃです。


Magazine

あわせて読みたい