【地域の伝統・郷土料理】茹で落花生

鮮度がいい生の落花生が手に入ったら、茹で落花生がおすすめです。短めに茹でてしゃっきり、長めに茹でてほくほくに。好みに合わせた茹で加減でこの時期しか味わえない、生落花生の香りや味、食感を楽しみましょう。

【材料】

落花生 500g

塩 15g(落花生の約3%)

茹で方

① 流水で落花生同士をこすりあわせるようにして洗い、泥やよごれをしっかりと落とす。

② 茎がついているものははさみで切っておく。

③ 大きめの鍋に水(約2L)を沸かし、塩と落花生を入れ、落とし蓋をする。

④ 20~35分、好みの固さになるまで茹でたら出来上がり。

【ポイント】

・落花生は茹でていると浮いてしまい、均一に茹でられないので、落とし蓋をしたり、途中上下を返したりしながら茹でましょう。

・固めが好きな方は20分、やわらかめが好きな方は30~35分を目安に茹でてみてください。途中、固さ確認のために味見をしながら茹でましょう。味見のときは、熱湯が殻に入っていることがあるので、やけどに注意!


【補足】

・生の落花生は鮮度が落ちやすいので、届いたらすぐに茹でましょう。

・茹で落花生は早めに食べましょう。食べきれない場合は冷凍するのがおすすめです。


Magazine

あわせて読みたい