佐賀県唐津市

万里川勝博

“恵味香” megumika

みかん

◆“恵味香” megumikaの万里川勝博(まりかわ)と申します
生まれは滋賀県で、高卒後大阪・名古屋・東京に転勤と転職等で、60歳までおりました。その後、大分に移住しました。
年金暮らしもシンドイだろうな!一生仕事できないかな~? と漠然と思案しておりました。66歳で仕事を辞めた時、その数年前にある偶然から食べたミカンの事を思い出し、あのミカンを作ろうと思い立ち、2週間後にはもう唐津に再移住してこの“味香みかん”作りをしていました。

◆66歳で仕事を辞め、ゼロからミカン栽培を始めました
無頼のミカン好きで、それまで色んなミカンを食ってきました。10㎏が1週間で空っぽ!止まらないのです。でも、あの時に食ったミカンは、それはもう驚愕の味だった。何だ!これは?だったのを思い出したのです。あれを自分の手で作ろうと想いたったが吉日から、アッという間に4年間は過ぎ、3月には5年目に突入します。
正直、66歳の老人で、土など金輪際一度たりとも触ったことなど無い、ズブの素人がミカンづくりを始めるなんてことは、あってはならん事なんです。60年間みかん一筋の方を頼って、放置ハウスの紹介とか・貸家とか・どうすればできるかとか、もう無茶苦茶丸投げです。当然ですが最初は迷惑至極で、全く相手にもして頂けませんでした。それが2週間で色んな多くの問題の道筋が見えるようになり、再移住までしてしまいました。人生最高のラッキーでした。

◆“味香みかん”ができるまで
専門用語は全く解らなく見よう見まねでしたが、2年目に初収獲をしました。一般的なミカン収穫量に対し、まさかの30%しか採れませんでした。正確に言いますとお金になった分が、です。病害虫の総攻撃に遭い、内訳はもっとひどく、秀・優・良・B級のランクで、秀が僅かしかありません。熟練者の真逆ですのに大してメゲなくて済んだのは、素人と云う事でショック度が実感できなかったのです。でも、嬉しかったのはそんな僅かな秀の中に、あの時の驚愕した味があったのです。その事が3年目への希望に繋がり、今日まで続けられました。そしてその時、このミカンの名前を“味香みかん”と決めました。味と香りがとっても素晴らしかったから、そのまんまです。その恵みを繋ごうという事で、会社名は“恵味香” megumikaにしました。
この“味香みかん”は他のミカンに比べ、半分しか採れないのです。それに病害虫に対しても弱いです。50%でも、事業としてペイしないから誰も作らないのです。この味・香・食感・余韻は、他を圧倒しています。小生が作るのはこれしかありません。「幻の希少高級みかん」このキャッチコピーが出来ました。
“味香みかん” のポテンシャルが高いから、100%原料として、無添加物で8種類もの加工食品を作りました。正しくは委託加工ですが、他では多分作れない商品になっております。

◆減農薬へのチャレンジ
病害虫に弱いと解っていながら、無謀にも減農薬にチャレンジしています。だから毎年病害虫の被害に遭っています。未だにわからないことばかりです。的確な農薬を使い・必要相当量散布する・という事が何にも解って居ないだけです。でも終戦頃までは農薬も無く自然栽培されておりました。勿論今とはかなり違っていたとは思います。だから、せめて減農薬だけでも進めたい。出来れば無農薬で栽培したいのですが、でもこの“味香みかん”は病害虫に余りにも弱すぎるので、小生の知識・経験不足では無理です。ただ素人の強みと云いますか、無謀と云いますか、その為、チャレンジは今もしております。結果が出ればシフトして行きます。

◆皮ごと食べるのがオススメです
皮ごと食することを推奨しております。皮のエグミが無い事が始まりでした。
その為に、皮に含まれる残留農薬276種検査をして頂きました。内心はハラハラでしたが、見事クリアしました。 
機能性成分の検査も致しました。 βークリプトキサンチン は、可食100ℊ当たり 7900μg もありました。これってトンデモ数値なんです。ネットで検索してみてください。記述されている驚きの内容に希望が湧き上がる筈です。
収穫前後を含め、WAX掛け・洗浄・磨き・選果・等と云った機械的作業は一切しません。手で触ること自体を極力排除しています。収穫する時・コンテナに移す時・出荷の箱詰めの時・しかありません。それは弱いながらも持っているであろう自己防衛本能を殺がない為です。その事が理由かどうかの確信はありませんが、日持ちが非常に長いのです。収穫から4~5カ月も持ちます。これってある意味驚異的なことではないですか?勿論、腐りは5月頃から増え始めますが、味が少しづつですが進化していくというオマケ効果が出てきました。
いずれも根拠のない確信から始めましたが、減農薬・機能性成分・処理方法等に関しても検証するべきかもしれません。知識も資金もありませんので当分は無理です。

◆農業事業にかける想い
農業はお金になる!という事は大事です。そして楽して稼げれば尚結構なことです。でもこれが実現できるのは、大規模で有るとか・資金力があるとか・組織会員である・というのとは違うと考えます。小規模で、メンテナンス作業に負担がかからなければ、老人でも婦人でも出来るモノの筈です。これって実は大事なポイントなのではないでしょうか?若い人には勿論ですが、農業の魅力が失せているのは、稼げない・キツイに尽きているような気がします。出来ればこの一点で老人参画の成功事例になりたい。婦人労働は勿論、若年層労働への道にも繋げられるはず。雇われる側ではなく、起業側であれば意気込みも変わります。

万里川勝博さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

泣き虫さん
2019.05.26.
今晩は
クロネコ便で色々有りましたが、無事つきました。早速戴きました、冷蔵がよく効き半氷の状態でつきましたがとっても冷たく
美味しく戴きました、今迄食べたことの無い味ですね。新しい発見でした。同封のお手紙読まして戴きました大変なんですね、大事に戴きます。ご馳走様です。
万里川勝博 | “恵味香” megumika
2019.05.27.
到着連絡を頂きありがとうございます。
先ずは一安心しました。しかし、mail 内容によりますと、冷蔵がきつくて半氷状態というのには心配しております。 “味香みかん” の細胞が壊れていることが少し考えられ、味の変化とか苦みが出てきているかもしれないという、心配です。mailでは美味しい!という内容で一安心しました。保管は冷蔵方法になりますが、網などに入れてポリ袋は厳禁です。 今後ともよろしくお願い致します。
泣き虫さん
2019.05.28.
苦みも無く半氷も美味しかったですよ、味の変化はわかりませんが美味しく戴いてます保管は冷蔵庫にポイポイ入れてます。又戴きたいです。
万里川勝博 | “恵味香” megumika
2019.05.28.
それをお聞き出来て、少し安心いたしました。 
実は小生、これに関することを少し前に実験しておりました。自宅の冷蔵庫で冷凍をしてから、冷蔵庫内解凍と常温自然解凍をして後、食べ比べてみましたがどちらも味に大きな変化がありませんでした。その2種のモノをその状態のまま半日放置状態後の味覚変化も実験してみました。意外にもあまり大きな味の変化はなかった事に実は驚いたのです。
しかしいずれも、本来の味から比較すればやはり変化はしていました。業務用の急速・低温度帯での冷凍では無いという事が理由だと思います。
この結果を得て、実は皮むきの冷凍 “味香みかん” を作ろうと考え、作ってみました。生食より劣るのは致し方ありませんが、上出来です。

という事もありまして、前日のmailになった訳です.-
万里川勝博 | “恵味香” megumika
2019.05.04.
昼時点で集荷が無かったので、問合せたところ15:15に集荷がありました。大型連休大移動期間中ですので、通常3日目で着く予定ですが、1日余計にかかるかもしれません。5/6∼7日になると思われます。今しばらくお待ちください。
尚、黒点は、ミカンにはあまりないようですが、バナナで云うところのもので、“味香みかん”のスイートスポットです。 お試しください。
ご感想もお聞かせいただければ嬉しいです。
万里川勝博 | “恵味香” megumika
2019.03.16.
ご注文ありがとうございました。
本日発送いたしました。
同梱のチラシを参考に色々な料理にご利用いただければ幸いです。
“味香みかん”を丸ごと思慕tr多モノですから、お酢もミカンの糖分から出来ておりますので、混ぜ物も薄める事も致しておりませんので、醤油との味酢は濃くが一段と深まっておりますので、あらゆる調理に重宝する事請け合いです。
今後ともよろしくお願い致します。