新潟県南魚沼郡湯沢町

南雲邦治 | ファームいずみや

新潟県湯沢町産(2年産)従来コシヒカリ 白米2合(300g)

単品本日あと10点
軽減税率8%適用商品

配送について

  • 送料:700円
  • 配送方法:ヤマト運輸 - 宅急便

採れ次第お届け!

ご注文から発送まで2~4日

▼自己紹介
ファームいずみやは、日本有数の豪雪地帯、新潟県湯沢町にて谷川連峰に囲まれた山々から流れるミネラル豊富な自然の清水を使ってお米を育てています。
特徴は、第一に新潟県推奨品種のコシヒカリBLではなく、当地では数少ない昔ながらの従来コシヒカリの生産、販売を行っております。

▼商品概要
混じりけのないコシヒカリ100%
注文を頂いた後に精米を行います。
小さい米農家だからこそ出来るフットワークを心がけおります。

▼品種・味の特徴
コシヒカリならではの「もちっとした粘り」と「炊き上がりのつや」があります。

▼栽培/生産方法、こだわり
コシヒカリBLはコシヒカリの天敵と言われる「いもち病」への抵抗を持った品種として登場しました。
品種が登場したH17年に1年ほど作付けをしましたが、
当方の思うよなお米にならなかったので、翌年から昔ながらの従来コシヒカリに作付けを戻しました。

当方は、苗を作る所から行っております。
苗も根が大きく張るように、当地ではすくない露地プール育苗をしております。
一般的なハウス育苗ではなく、育苗の早い段階から自然用水をプール状にして、
栽培することによりストレス無く根を伸ばしていくことが出来ます。

またH26年より光合成細菌と玄米黒酢を使って稲を育てております。
光合成細菌は水稲における根圏の有害物質を除去し、根を活性化させます。
玄米黒酢は植物の生長に不可欠な光合成を活性化し、玄米黒酢に含まれている各種ミネラルが稲を活き活きと成長させます。
また玄米黒酢のアミノ酸はご飯の粘りと甘みを増加させます。

自信を持ってお届けできるお米を、農家直送にてお届け致します。

▼低農薬有機栽培を行っています。
田植え時に苗へ各種虫の対応する農薬を1回散布。
除草剤は一回散布。
殺菌剤は、出穂後に1回散布。

中間にて有機肥料などを散布します。
食味向上の為に微量要素を散布して生育向上に努めています。

続きを見る
  • 保存方法:風味の劣化を防ぐ為、精米後はなるべく早くお食べ下さい。
  • 配送日時指定について:基本的に指定を受け付けていませんが、事前にご相談いただければ対応できる場合があります
  • 【事務局より注意事項】
  • 同じ出品者による複数商品の同梱を希望される場合は、必ずご注文前に出品者へお問い合わせください。2つ以上の商品のご注文完了後に送料をまとめることはできません。ご注文後のキャンセルはできかねますのでご注意ください。

出品者に質問

南雲邦治さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

南雲邦治 | ファームいずみや
2021.01.24.
はじめまして。新潟県湯沢町にてコシヒカリ生産・販売をしておりますファームいずみやの南雲です。
生産はお米(コシヒカリ)をメインに生産しております。
コシヒカリは一般的なコシヒカリBLではなく、昔ながらの従来コシヒカリを生産しております。

【従来コシヒカリ】について少しご説明します。
新潟県ではコシヒカリの天敵と言える「いもち病(お米が枯れてしまう病気)」の抵抗性を持った改良品種として「コシヒカリBL」をH17年より奨励品種として切り替えました。

当方も1年作付けをしましたが、収穫したお米が満足出来なかったこと、またお客様の評判も良くなかったのです。
婿入りした父親が数十年生産してきてそれまで全量1等だったのが、初めて全量2等という厳しい結果となりました。
そのためコシヒカリBLを継続して作るということを断念しました。
それが品質や味の面でも満足出来る従来品種である「従来コシヒカリ」へ回帰した理由です。

コシヒカリBLと区別する意味で「従来コシヒカリ」という呼称が使用されております。
そのため当方の商品には全て「従来コシヒカリ」と記入させて頂いております。
少し間際らしいお話ですが、お客様から問い合わせを受ける事もありますのでお話させて頂きました。

どうぞよろしくお願いいたします。

もっとみる