福岡県みやま市

坂田篤俊

さかたのみかん

みかん

◆お客さまへのごあいさつ
福岡県みやま市在住で大牟田市上内地区でみかん栽培している坂田です。
農園名も商品名も全てを含めて、世の中には様々なみかんがあれど、「これが自分のみかんだ」という思いを込めて、「さかたのみかん」と名づけました。

◆農家になった経緯
昭和20年から家業が液肥メーカーとして代々農業に関わってきて、様々な作物を試食している中で感動するほどの味のみかんに出会ったのが個人的なきっかけです。
ある農家さんが農地を返すということから、狭い面積ながらもみかん栽培を始めることができました。
福岡県南部は山川みかんを中心に福岡県内で一大産地ですが、その中でも急傾斜でおいしいみかんが獲れる現在の産地に魅力を感じて隣の市ですが、通うようになりました。

◆生産物:みかんの紹介
多くのみかん産地が海岸沿いにあるのに比べ内陸部にありますが、標高が低い山のために降雪の心配がなく、急傾斜の土地はおいしいみかんを作り出してくれます。

◆伝えていきたいこと・信念
昔から特に「芝尾みかん」ブランドを中心として、「上内みかん」の評判は消費者の方々から評判が高かったです。
私もそれを食して感動したほどですが、それも高齢化と共に少しずつ品質が落ちてきているのも事実です。
おいしいみかんを育んでくれる急傾斜の土地も、その地形こそが発展を阻害してる原因の一つでもあります。
しかし、農家と消費者が直接繋がることで双方向の意見交換や何気ない一言が農家にやる気を出したり、栽培や販売のヒントになったりするものです。
「縁は外からやってくる」、最近好きな言葉です。

自分が満足したら、それで終わりという信念を持って、「味よし、香りよし、食感よし」の三拍子揃った究極のみかんを目指して日々精進しています。

一つを解決すればまた新しい問題が発生しますが、それができなくなった時に自分もみかんも成長しなくなるんでしょう。
一生かけても辿り着かないかもしれませんが、それがみかん栽培の醍醐味だと信じています。

◆今後の展望・夢
ネットの普及により様々なことの距離感や時間がそれまでよりも近くなりました。
それでも農業現場って普段の生活からは遠いところにあるように感じます。
農家からの情報発信も多くなりましたが、それがまだ伝わってないようにも思います。
多くの方がいつでも気軽に寄ってもらえるような農園にしたいですし、様々な媒体を使って伝えていきたいです。

坂田篤俊さんの出品商品はありません。