https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/96353ff6-d298-4b79-8477-99460d5e10e9/vq00l3kM2GhD0jnROWr1qgofudCDcqXoc/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/539d93cd-73f2-4afd-84ab-4953f8c0e124/vZ1IAzCJbbz_M6x6Pr6nacCIgtTCxos5E/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/66928407-2659-411b-a7c2-d62a78311c84/vNDbWLdkpMhvW1IMxxXKkvBd0_POcvbCZ/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/f96243df-04b4-4cf5-8646-0bf9bc78533e/v.2LDWcjYyyO58aU8KfVZUezW0qkLU8NR/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/9c46c361-b65f-4264-bfc4-8547547e4121/vh4rNMiygLZr6jdshlZ1iVLaTU0mJJJMT/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/b763a745-8e19-4e46-bc1b-1acc844876d4/vbSNXUwk634OSafo0lDdGbUxVC.z221wZ/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/d6b1068e-4bf7-4286-aafd-646955704099/vqJUs48MR5Obuv0MkB9S5BsVUIdCUYfqf/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/e6c043b0-737e-4bb9-9760-2e22a2c53517/vGoIAMHEVuJDia2IlbFUaNMNWSmtar3gK/
販売終了

甘くて瑞々しい種無し庄内柿早生 家庭用

山形県鶴岡市

五十嵐大輔 | 金三郎十八代目 百姓 五十嵐大輔
マークの付いた生産者さんは、過去3ヶ月間で平均して高い評価を得ています。
2019年も庄内柿始まりました。 10月中は早生、11月10日頃から晩生となります。 早生は晩生よりは糖度が少し低いものですが、今年は猛暑が影響し、収穫期が遅れはしましたがその分例年より非常に甘いです。 そして今年はポケットマルシェの高橋代表が同じく代表を務める食べ物付き情報誌の元祖「東北食べる通信」に特集されます!それにより11月は発送が非常にシビアになりますので早生の時期からの注文お待ちしています。 昨年はポケマル果樹ランキングで10位内(7位だったかな?)には入ったものの、今年は1位になりたく! 山形と言えばさくらんぼやラ・フランス、ぶどう、りんごと豊富ですが日本の果物ってやっぱ柿だよね!しかも金三郎十八代目のはとてつもなく美味しいからサラダや和え物はもちろん料理に合わせても最高です! 以下例年の庄内柿の説明です。(一部修正)今年もよろしくお願いします。  庄内柿とは種無しで瑞々しい食感と、優しくクセのない柔らかな甘さの柿です。柿というと今では種があり、サクサクの食感のイメージの方が多いと思いますが、実は庄内柿は明治維新以降の日本の柿の王様でしたが、その後にできた渋抜き不要の富有柿、次郎柿などが主流となりました。  我が家では曽祖父が植えてから代々柿の木を守り100年近く作り続けております。寒暖差がとても大きく、肥料や農薬にもこだわり、どこよりもおいしい庄内柿を作っています。昨年はNHKあさイチでも使っていただくなど、注目していただいています。後味がすっきりなのにしっかり甘いので、何個でも食べられるし、料理にも合います。 鶴岡の旬の味は優しい甘さ  山形県の羽黒町松ヶ岡から日本中に普及し約140年前から栽培されている種無しの渋柿『平核無(ひらたねなし)』。昔ながらの手間ひまかけた焼酎による渋抜きは、緻密な食感で優しい甘味です。食べる前に常温にして食べるとより甘さを感じられます 干柿は「和菓子の甘さは干柿をもって最上とする」と言われるほど上品な美味しさです。 意外と知られていない多様性  柿は1300年前から食用とされ、果物の中でも特に栄養価が高く、ビタミンC・βカロテン・カリウムが豊富で、疲労回復・風邪に効果があるのは知られていますが、渋みの元のタンニンに抗菌消臭効果があり口臭予防にもなる。  果実には珍しいストレス緩和成分GABAが含まれ、加熱した方が多く得られる。体が冷える性質もあるのでたくさん食べる場合は料理にも取り入れるといいです。  また柿蔕・柿餅・柿霜・柿葉など漢方で多様に活用されていたり、漬物、俳句、狂言、水墨画、昔話、茶器、高級木材、柿渋(染料、塗料)など活用されており、衣食住すべてに関わる珍しい食材で、古いイメージの柿には生活に密着した用途がたくさん。 減農薬・天然農薬  抗菌性のある渋があるため他の果物より農薬使用量の少ない渋柿ですがさらに一般的な基準より20%減らし、自家採集したクロモジやキハダなどから抽出した自家製野草農薬と竹酢液を添加して散布しています。その分見た目の悪さも多少あり栽培の難しさを痛感しています。 料理にも使える食材  庄内柿は果物としてだけではなく、ちょっとした工夫で様々な味をお楽しみいただけます。 肉、魚、乳製品、燻製などとの相性がいいです 固め  ハム(または白身魚)、たまねぎ、春菊の苦みなどとフレンチドレッシングや酸味のあるドレッシングでサラダに。スライスした柿とクリームチーズ、いぶりがっこorスモークサーモンのピンチョス、くり抜いた柿に野菜など入れベシャメルソースをかけ焼いて柿グラタンに。 柔らかめ  皮ごと冷凍庫へ→半解凍をスプーンですくってシャーベットのように。皮を取った柿と牛乳で半々にミキサーにかけ優しい甘味の柔らか柿プリン。お砂糖の代わりに良質な果糖・ショ糖として甘味漬けなどに。 そのままでももちろん美味しい金三郎の庄内柿。熟し加減によって、おかずからデザートまでお楽しみください。  11月は東京のマルシェ出店や食事会開催し告知しますのでぜひチェックし参加してください。興味のある方はご連絡ください。  出品は5kgと3kgとしています。1.5kgもありますが、送料との割合としてバランスが悪いので控えてますが1.5kg4箱という対応は可能です。 量の変更や贈答用はお問い合わせください。また10㎏、20kgも準備できます。発送は渋抜きに時間差があるため、少々遅くなる場合がございます。また今年は渋抜きの都合もあり、着日指定は基本的には受けていませんが、旬の時期なら対応できる事もあるのでその場合はご相談ください。
保存方法
冷暗所で1週間、柔らかくなっても腐る事はありません
配送方法・送料
ポケマル提携のヤマト便
  • 北海道
    935円
  • 北東北
    715円
  • 南東北
    715円
  • 関東
    748円
  • 信越
    748円
  • 中部
    935円
  • 北陸
    935円
  • 関西
    990円
  • 中国
    1100円
  • 四国
    1100円
  • 九州
    1320円
  • 沖縄
    2134円
クール区分: 常温
※離島などの例外はあります。詳細はこちら
日時指定
不可
日時指定は受け付けていません。
複数商品のご注文について
・複数商品の同時注文はできません。
・同じ出品者による複数商品の同梱を希望される場合は、必ずご注文前に出品者へお問い合わせください。
・ご注文後に複数注文の送料をまとめることはできません。
注文から発送まで
2~7日
支払い方法
各種クレジットカード、ApplePay(詳細はこちら)

商品をシェアする


販売終了