新潟県南魚沼市

種村芳正

越後ワイナリー

雪室貯蔵ワイン

越後ワイナリーでは1975年の創業以来、新潟県では最初にヨーロッパ式の垣根仕立てによるワイン専用品種の栽培に取り組んでいます。おいしいワインは良いぶどう品種から作られるためです。さらに自然や環境にやさしい低農薬・有機農法を採用し、健全で安全なぶどう作りを行っています。
ワイン造りの特長は、南魚沼の気候風土を最大限活かしているということにある。その一つが「雪室貯蔵」である。雪室から直接つながっている貯蔵庫にその冷気を送り、貯蔵庫に隣接するフレンチオークを使った木樽の並ぶ熟成庫にも冷気が伝わる。年間を通じて雪室貯蔵庫は約5℃、木樽熟成庫は約15℃に保たれ、ワインに過度なストレスを与えないためフレッシュ&フルーティーなワインに仕上がるのだ。