新潟県長岡市

大塚博幸

オオツカファーム

◆お客さまへのごあいさつ
オオツカファームの大塚博幸と申します。新潟県出身。新潟県長岡市在住です。


◆あれ?農業悪くないかも。
農家の長男として生まれた私。時期になれば手伝う農作業が嫌いでした。農家になるつもりは無かったのですが、父の勧めで入学した農業大学校で『あれ?農業悪くないかも』と感じたのです。
学校は寮生活で実際に学生が田んぼで米作りができる環境でした。仲間と取り組む農業は楽しく、このまま仕事としてできるならやるべきだと感じ卒業後、20歳で農業を仕事としました。


◆生産物・地域の紹介
日本一の大河、信濃川が流れ、冬には雪に覆われる長岡市は米作りに適した土地です。
また花火も有名で8月2,3日に行われる『長岡花火大会』には全国からたくさんのお客様で賑わいます。


◆どうしたら美味しくなるか?
この答えを毎年考えています。まだ答えは出ません。たぶん一生続くんだと思います。
それと同時に、どうやったら除草剤を無くしてお米をたくさん収穫できるか?これも日々考えています。除草剤を無くしたからお米が美味くなるなんてものではありません。田んぼの主役は雑草です。
そこに除草剤をまき稲のみが生育している姿は自然とは思えません。
でも除草剤が悪いわけではありません。食料を安定的に確保するには必要なものです。
私も有機栽培以外の田んぼでは労力的に間に合わず使用しています。

私が目指す田んぼは雑草と稲が共生し、生き物に溢れ生命力に満ち溢れた田んぼです。

昨今の異常気象下では安定的に作物を栽培することが難しくなってきたと感じています。その中で日々作物を観察し居心地のいい環境をつくる。お天道様の気分次第で人間にできる事は少ないなと感じつつ、作物に寄り添いながら自然のお手伝いをする感覚で米作りに励んでいきます。


◆今後の展望
まずは良いものを作りたい。米職人を目指す私としてはそこを一番にこだわりたい。

大塚博幸さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください