岩手県陸前高田市

村上計太

特定非営利活動法人LAMP

米崎りんご

ブランクのある自分に何が出来るか?

それまで「故郷」を意識した事はなかったけど、東日本大震災の翌日にどうにか辿り着いた。街の姿を見てUターンする事を決めました。とはいっても、地元に戻って何をするかまでは考えていませんでした。

約6年家にコモっていた過去もあり、自信もありませんでしたが、身体が勝手に動いていていつの間にか手伝いで先輩農家のりんご畑に入るようになったのが栽培のきっかけです。

分からない事は先輩たちから聞いたり、ネットで調べ通します。でも最終的には畑に戻り

樹や実をみて五感で判断します。失敗もありますが、心配で様子を見に来てくれる先輩たちの叱咤激励を受けながら栽培しています。

まだまだ駆け出しで不器用な自分ですが、よろしくお願いします。



≪太陽×海×山が育む味わい≫

陸前高田市米崎町には海の見えるりんご畑が広がります。米崎りんごは広田湾を望む高台の緩やかな傾斜地で栽培されるので、陽の光をまんべんなく浴び、海からのミネラルを含んだ潮風を受け、豊かな生態系を持つ山からの恵みをいっぱい受けて育っています。

太陽×山×海が育んだりんごは蜜がたっぷり。シャキシャキした歯ごたえに加え、まるで ジュースを飲んでいるかのようなみずみずしさと味の濃さが特徴です。



≪米崎りんごっていつ頃から?≫

都道府県別りんご生産量のツートップはあまりにも有名ですが、実は岩手県が第3位だって知っていましたか? 岩手県のりんご栽培の歴史はその青森県や長野県よりも古く、米崎りんごも明治20年頃から約130年の歴史があるりんご産地です。

生産数が少ないので一般の市場にはあまり出回らない希少なりんごです。 美味しい盛りの「旬」にだけお届けする「米崎りんご」を是非、食べてみて下さい。