https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/31574ced-f83f-4b36-845e-1483024299f2/v0EGnM4l7soah_sCfbdnEbiHB6i3h5IYf/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/d50eba8d-bfa6-4211-87c9-1422af4d630e/v22Mz6uDQS8s3q6ac_byJ8zUvhgScJaZY/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/ebd3ad58-e2c5-424a-a175-b81912df7125/vynfWJbN5p2Qcjy2xYwQqeMkHEYDtmx.2/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/b93ff814-660d-4a38-94cd-5bba9c298855/vgUjZ8uQe9ovl8wcwNC1Sv5UgyW3Ygu1T/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/76309283-67e1-4f3e-a93a-f0c2dfa762ea/vcmLPCaNSv_174ufFu7lzMrU0rPfc6LMd/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/8b43d8a2-9ff5-46a3-9f68-fc3f01f37ad4/vffhJXpzC9CGPFCaqfaEtE4sC8YfbYluK/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/8afcbf51-f777-43d2-b372-17ef615b7da4/vQci6H1syF66_jhdIWDJllO.4HOPUnekq/
https://img.resizing.net/projects/d63e60da-caac-477e-9622-4c9ca2a129b8/upload/images/e27d3da6-a101-4374-a3c0-c82fcc4a98c0/vFCma0GiQ3nErrDXEAXxK.Ixyq.Y8Q43r/
本日あと 50点

【単行本】人と食材と東北と つくると食べるをつなぐ物語『東北食べる通信』より

東京都渋谷区

ポケマル公式 | 株式会社ポケットマルシェ
分量
1冊
2,530円(税込)
※2021年5月6日(木)発売予定の商品です。発売日後の発送を予定しております。 2013年7月創刊の史上初の食材つき情報誌『東北食べる通信』。ポケットマルシェ代表でもある高橋博之のもと、「世なおしは、食なおし。」を合言葉に「つくる人」と「食べる人」をつないできました。そこに綴られた東北の食と風土がはなつ豊かな彩りや味わい、生産者の姿勢を感じられる、今こそ私たちが知っておきたい20のストーリーを収録しています。 【掲載内容】 ■第1章 大地と向き合う ・命のサイクルを象徴するわらび ・生産者は元読者 ・根っこから、変えていく ・私たちはみな様の畑になりたい ・人も自然も搾取しない暮らし ・真室川の運命を変えた「ばあちゃんの里芋」 ■第2章 果樹と語らう ・誠実転じて桃、実る ・家族ぐるみで胡桃をつむぐ ・我が娘のようにぶどうを育てる ■第3章 水の恵みを守り育む ・自然のお陰で生かされている ・命と「食べる」を見つめる漁師 ・時代の荒波を攻める海峡ロデオ ・未来に掲げる大漁旗 ・ハタハタを巡る「二十年戦争」 ・十三湖千夜一夜 ・じゅんさい沼の太郎次郎 ■第4章 ともに生きる ・中洞生きもの学校 ・人を寄せる伊達の純粋赤豚 ・家族として育つ「奇跡の肉牛」 ・地域のDNAとして機能する酒蔵の酒・酒粕 ・現地の料理人が語る 東北食材の魅力 生にんにく ・現地の料理人が語る 東北食材の魅力 豚 ・現地の菓子職人が語る 東北食材の魅力 胡桃 ・東北の風土が持つ極彩色で塗りつぶす 【書籍概要】 書名:人と食材と東北と つくると食べるをつなぐ物語『東北食べる通信』より 出版社:株式会社オレンジページ ページ数: 212 ページ サイズ:A5タテ カラー:4C 発売日:2021年5月6日(木) ISBN コード:978-4865934267 【食べる通信とは】 2013年7月創刊の『東北食べる通信』は、毎月1回、独自の哲学やこだわりをもった生産者を特集した情報誌と、彼らが手掛けた食材がセットで届く「食べもの付きの情報誌」です。 消費者は食材の裏側や作り手の生き様を知り、特集された生産者の食材を楽しみ、生産者と読者のみが参加できるSNS上のグループや対面イベントで直接交流を行うことができます。『東北食べる通信』は「新しい食のカタチをデザインし、世に発信している」点が評価され、2014年度のグッドデザイン金賞を受賞しています。 『東北食べる通信』のルーツは東日本大震災にあります。震災のあった2011年当時、ポケットマルシェ代表の高橋は岩手県議会議員を務めていました。被災地で、被災生産者と都市からボランティアで訪れた消費者が直接つながることによる「共助」の関係性構築を目にした高橋は、食材とその裏側にある農漁業の物語を都市住民へ届けることで、分断された生産者と消費者がつながり、「共助」の関係を日常から生み出すことができるのではないかと考えました。「共助」の関係性構築により両者の抱える課題が解決されることを目指して、世界初の食べもの付き情報誌『東北食べる通信』の創刊に至りました。 『東北食べる通信』の創刊以降、そのコンセプトは国内外に広がり、これまでに国内50箇所以上、台湾4箇所でそれぞれの地域の食べる通信が刊行されました。各地域の活性化に貢献した点や、都市と地方、消費者と生産者を結びつけた点を評価され、『食べる通信』は2015年に第1回日本サービス大賞 地方創生大臣賞を受賞しています。
2021-05-10T09:01:11.000Z追記
書籍のみの単品商品となります。掲載されている食材等は付録としてつきませんのでご了承ください
保存方法
本の日焼けを防ぐ為、直射日光は避けてください。
配送方法・送料
クリックポスト
クリックポスト
送料:198円 (全国一律)
日時指定
不可
日時指定は受け付けていません。
複数商品のご注文について
・複数商品の同時注文はできません。
・同じ出品者による複数商品の同梱を希望される場合は、必ずご注文前に出品者へお問い合わせください。
・ご注文後に複数注文の送料をまとめることはできません。
注文から発送まで
2~8日
支払い方法
各種クレジットカード、ApplePay(詳細はこちら)

商品をシェアする


購入手続きへ