北海道苫前郡苫前町

小笠原宏一

小笠原漁業部

ミズダコ、カレイ、ヒラメ、ソイ

海にタコがどれくらいいるか知っていますか?
私の捕ったタコは特別なんです。
だから知ってほしい。買ってほしい。
持続可能な漁業を構築する為に、みんなの力を貸してほしい!

▼自己紹介▼
北海道のひだり上、苫前町という人口3000人にも満たない小さな町で漁業を営んでおります。
生まれも育ちも苫前町。苫前町が大好きです。

▼タコ樽流し漁▼
主にタコ樽流しという漁にて水揚げしたミズダコを皆さんにお届けします。ミズダコの一本釣りみたいな感じです。

▼信念▼
漁業への思い、地域への思い。
漁村の持続可能を高める為に。

2019.4月末
漁業改善プロジェクト(FISHERIES IMPROVEMENT PROJECT 略:FIP)を開始しました。

▼漁業改善プロジェクト:FIPとは▼
認証取得可能なレベルまで漁業の持続性を向上するプロジェクト。FIPに取り組む漁業の総漁獲量は世界の10%を占め、近年世界中で急速に取り組まれています。日本には、苫前タコ樽流しFIPを含め5事例あります。

水産資源を持続可能なものとする為、漁業者、水産関連企業、流通業者、第三者機関(NGO)と共に奮闘中です。

小笠原宏一さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください