島根県浜田市

佐々木貴裕

株式会社扇原茶園

お茶ギフトセット 石州浜田の緑番茶・里山番茶 業務用ほうじ茶ティーバッグ

こんにちは!
株式会社扇原茶園の佐々木貴裕です。
島根県の浜田市という所でお茶を栽培しています。

「扇原茶園」は「せんばらちゃえん」と読みます。
農園名の由来は、創業者の祖父佐々木正人が茶畑をはじめる時に、創業者の実家の屋号である「大木原」(おおぎわら)から、末広がりで縁起のいい"扇"を使い「扇原」とし、読み方がかぶらないように「せんばら」と読むことにしたのが由来です。

【26歳で3代目として代表に】
20歳の頃、実家である"扇原茶園"に入り農業をはじめました。
小さな頃からお茶を見て育ちましたが、実際に農作業をしてみると、その大変さが身に染みました。数年が経ち、農作業にも慣れた頃、お茶を作ることのやりがいも芽生え、もっと良いお茶を作りたいと思うようになりました。
そして26歳で3代目として代表になり、現在に至ります。

【茶畑から袋詰めまで全部を自分たちで行うというこだわり】
日本海に面した島根県の西部"石見(いわみ)地方"の浜田市。その中山間地に「扇原茶園」はあります。日本海の見える山の上の茶畑で"エコファーマー"の認定を受け、減化学肥料・減農薬でお茶を栽培しています。朝霧のたつ山間の土地で自社工場を構え、摘み採った茶葉をすぐに蒸して乾燥させていきます。茶畑から製造、袋詰めまで一貫して行っています。

【お茶の新しい価値を】
お茶の栽培をしながら、地域の幼稚園から大学までの遠足やゼミの受け入れや、県内外の方に楽しんでいただけるような"お茶摘み体験""お茶ピザ作り体験"などの体験事業も行っています。地域に根付いて行う農業だからこそ、地域の企業とも協力して地域を盛り上げる様な活動をしています。
今後は、いろいろな業種の企業あるいは人と一緒に新しい価値が生み出し、ご提供したいと考えています。具体的には、地元の地ビール会社と一緒に"お茶ビール"を作ったら面白いねという話をしていたり、瓦屋さんが瓦の食器を作ったりしているので、そこにお茶菓子を乗せていただけるような「お茶を飲む空間」をご提案できるようなことを考えたりしています。

それと共に、お茶の美味しさはもちろんのこと、お茶を飲むことの楽しさを伝えていけたらと思っています。(実は品種、栽培地域、摘み採り時期、淹れ方、そして作る人で味が変わってきます)

今日このページをご覧いただき、お茶について興味をもっていただけたら幸いです。
あつーいお湯で淹れてみたり、ぬるーいお湯で淹れてみたりしみてください。
違いが分かって楽しいですよ(笑)

佐々木貴裕さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください