秋田県山本郡八峰町

山本太志

-但馬漁業

鮮魚、ニギス、カナガシラ、カレイ、ハタハタ

秋田の最北端で底曳漁業を営んでいる「玄辰但馬丸」です。船長山本太志は3代目、4人の頼れる乗組員たちとともに主にハタハタ・真鱈・ノドクロ・エビ・イカ類を獲っています。その様子を「5人目の陸の乗組員」ことよめここと山本瞳が情報発信をしています。

秋田の魚は、地の利が悪く少量多品種なことから、他県に比べ首都圏にあまり知られていませんが、その分世界遺産「白神山地」の栄養分を食べて育った魚の美味さは「知る人ぞ知る」隠れた逸品です。

四季折々の魚を通して、秋田八森の漁師の喜びや苦悩をを知ってほしい。そして、次世代に残せる漁業づくりに協力してほしいと願い活動しています。


【やりたいこと】

・国内・国外問わず荷揚げ体験受け入れ(漁師町ステイ)
・四季の八森鮮魚をお届け!
・飲食店さんと提携して、但馬丸の魚の卸す!
・規模を大きくして八森漁港レベルでの直販、飲食店経営、発送


【玄辰但馬丸のメンバー】

山本太志(船長) 3代目船長
バスケと酒と八森が大好き。ハタハタ以外にも美味い魚があることを知ってもらいたい。

山本瞳(よめこ) 船長の嫁。
「5人目の乗組員」「陸船頭」「素材殺し」などの異名をもつ。荷揚げの手伝いのときに写真をばしゃばしゃとってブログにアップする担当。

セージさん
ベテラン乗組員。飯炊き、網こへ、魚の選別、すべてを高レベルでこなすスーパー漁師。コーラと孫が大好き。

タダシさん
ベテラン乗組員。底曳に必ず一人必要な機関士。痛風で大好きなビールとイカが食べられなくなったのが悩み。

ゴトーさん
力持ちの乗組員。エビとカニがあれば他に何もいらない。休みの日は田圃もやってます。

ユーヤくん
若手の乗組員。内陸から漁師になりたくてやってきた。料理が上手で彼のつくるハタハタの刺身はめちゃ美味。

ケン(山本夫妻の息子・但馬漁業4代目?)
父と母の目標はこの子が成人するまで八森に漁業を残すこと。海と漁業に興味をもってくれればと父の帝王学「磯釣り」が始まっているが、当の本人の将来の夢は今のところ「プロやきゅうせんしゅ」。

◆◇ポケマル事務局からのお知らせ◇◆
このページの下にある〈記事一覧〉では、山本太志さんが書いた記事を読むことができます。

#東北食べる通信

山本太志さんの出品商品はありません。