長崎県松浦市

辻 邦彦

松浦メロン部会

キンショーメロン,アールスメロン

長崎県松浦市の特産であるメロンは昭和60年より星鹿半島を中心に栽培が始まり、栽培環境は玄海灘の温暖な気象条件に恵まれ、赤土土壌で栽培される事により果実の締りが良く日持ちする良質なメロンを栽培しています。
「キンショーメロン」は果皮に網目がなく表面がなめらかなノーネットメロンです。やや縦長の楕円形をしていて、サイズは500~800gと小さめ。皮は濃い黄色で、果肉はきれいなクリーム色をしています。
果肉はほどよい甘味があり、サクっとした食感でみずみずしく、後味はさっぱりとしています。一般的なメロンに比べて果肉はかためですが、追熟させると少しやわらかくなります。
「アールスメロン」は、形の美しさ、高貴な香りと甘さがある風味豊かなメロンとなっており、贈答品として人気があります。
贈答向けの2玉入りと1玉入り規格の化粧箱があり、「爽潤果(そうじゅんか)」としてブランド化しています。
このメロンは一本から一個だけしか取らずあたかも芸術品のごとく一個一個丹精込めて作られました。形の美しさ、高貴な香り、甘さ一杯の風味はまさに果実の王様です.
参考HP(西九州食財)
https://nishi-kyushusyokuzai.jp/topic/arusumeron/
生産者インタビュー
https://youtu.be/FI678sLBwy8