長野県安曇野市

福嶋宏史

信州安曇野 フレンドファーム

リンゴ、梨、桃、枝豆、トウモロコシ、サツマイモ

【信州安曇野フレンドファームの福嶋です。】
長野県安曇野市でリンゴ、梨、桃等の果樹と、枝豆、サツマイモ、トウモロコシ等の野菜を栽培しています。実家は非農家の新規就農者です。農園名の由来は、農園を通して友達の輪を広げていきたいと思ったからです。
きっかけは学生時代に参加したアメリカ農業研修です。アメリカの農業経営者は仕事に誇りを持っていて、かっこ良く見えました。

【ぎゅっと甘みを閉じ込めています】
私の畑がある地域は、 標高が650m~700mの位置にあり、寒暖の差が大きく美味しい果物が取れます。
野菜も寒暖の差の影響を受けるのか、枝豆、トウモロコシ、サツマイモも甘くなっているように感じています。
主な栽培品目はリンゴ、梨、桃、枝豆、トウモロコシ、サツマイモです。
リンゴのPinkLadyなど、市場にあまり出回っていない品種も作っています。

【信州安曇野フレンドファームでは3つのFを経営理念に掲げてます。】
Fantastic(食べて美味しい、収穫して楽しい等、農園に関わる人に素晴らしい体験を)
Future(先人が築き上げて来た農地を次世代に)
Friendship(農園を通して人と人を繋ぎ、友達の輪を広げる) の3つです。

お客様対象の収穫祭等を開催して、体験、交流もできる農園にしていきたいと思ってます。
ポケットマルシェは主に妻が担当し、消費者目線で商品や情報をお届けしていきます。