兵庫県丹波篠山市

酒井裕行

丹波篠山 めぶき農房

-14種類の在来種大豆と小豆、丹波黒大豆枝豆、玄米餅

兵庫県丹波篠山市で農薬や化学肥料・畜産堆肥を使わずに14種類の在来種の大豆や小豆などを栽培しています。生産方法も大切ですが、一番大切にしていることは「美味しい」ことです。在来種の大豆や小豆は、味付けしなくても旨味が溢れ、個性豊かな味わいです。本場中の本場の丹波黒大豆枝豆は10月中旬〜下旬と販売期間は短いですが、濃厚なコクを楽しめる枝豆です。他では見ない丹波白大豆枝豆も販売しますが、こちらは口に入れた瞬間に弾ける甘みが楽しめます。もち米を精米せず玄米のままついた玄米餅は、焼いて何もつけずに食べるのがオススメです。もち米の素朴な味と香り、プチプチした食感が楽しめます。豆入りの玄米餅やスティック状の玄米餅もあり、11月〜3月まで販売しています。

酒井裕行さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

酒井裕行 | 丹波篠山 めぶき農房
2020.05.28.
黒豆の産地・丹波篠山ではそろそろ種まきシーズンに突入します。
我が家は毎年、夏至を迎えるのを目安に黒豆の種まきを始めますが、黒豆以外の色々な大豆はもう少し早め、5月の中旬から種まきをスタートしています。

これから収穫までの半年間、無事に育ちますようにと願っています!