長崎県島原市

宮崎正友

雲仙島原の湧き水米

米、さつまいも、さといも、とうもろこし

◆お客さまへのごあいさつ

雲仙島原の湧水米の宮崎正友(みやざきまさとも)です。長崎県島原市(島原半島)で家族、親戚で農業をしています。ポケットマルシェの運営自体は孫娘の梨奈(りな)がやっています。よろしくお願いします。

島原半島はもともとが火山の噴火でできた土地なので、山からの恵みである湧水がミネラルを含んでおりとても美味しいお米を作ってくれます。
私たちの田んぼは代々雲仙普賢岳と眉山の麓のゆるやかな棚田で、安全でとびきり美味しい、どのおかずにも合うお米を目指して作っています。
私たちはこの土地の田んぼの景色が大好きで、この景色を守るためにも田んぼを続けていきたい、そう思っています。

最近は景色をお届けしたいという思いから、InstagramやTwitterを始めたので、
ぜひよかったらフォローしてください!

◆農家になった経緯

代々受け継いできた田んぼをずっと守っていきたいという思いで農家を始めました。
家族全員島原生まれでずっと田畑がそばにある生活だったので、農業をやることはごく自然なことでした。
こだわりとしては、他の農家さんが農薬を使う量を見てこれは家族には食べさせられない、と思い、家族が美味しく安全に食べられる食物を作ろうと決意してからはずっとお米は減農薬または野菜は無農薬で作っています。

◆生産物・地域の紹介

うちのつくる湧水米は、名前の通り湧水たっぷりで育っています。
名水百選の美しい水をそのまま田んぼに入れています。
私たちが引いている湧水は、双子の楠の御神木の真下から湧いており、
昔の人たちは雲仙普賢岳に登る際にここで身を清めていたそうです。
お米は甘みを最大限に引き出すため、冷たい湧き水をあえて夜に引き、
昼は水温を上げるという作業を毎日繰り返すことで、寒暖差をつくり育てています。

お米の品種は「ひのひかり」です。
コシヒカリと黄金晴から作られたお米で、どんな料理にもマッチするのが最大の特徴です。
やや小粒で厚みと弾力があるので、口の中でもしっかりと存在を感じられるます。コシの強いお米が好きな方にもおすすめです。
冷めても美味しいと評価いただいているので、おにぎりやお弁当にも最適だと思います。

◆今後の展望・夢

私たちはこの土地の、田んぼの景色を愛しています。
見上げれば火山、振り返れば海、そんな自然豊かな土地には美味しい恵みや温泉、湧水が生み出す美しい景色があります。
お米を通しての交流だけでなく、将来的には島原に遊びにきていただき、楽しんでもらう人が増えたらなと思っております。