静岡県伊豆市

浅田良一

五代目わさび師『坂ぐち』

わさび(ワサビ,山葵,WASABI)、原木しいたけ、野菜

はじめまして、創業100年超えの五代目わさび師『坂ぐち』の浅田良一です🍀。ここ静岡県伊豆市は、わさび(根茎)の生産量&産出額ともに日本一🍀。携帯電話も通じない秘境の湧き水を使い、伝統の畳石式栽培で、一年半から二年の歳月をかけて、オーガニックな気持ちでのんびりゆったり育てた奥伊豆『五代目わさび』🍀。≪爽やか的なツーン≫をお届けします🍀。屋号の『坂ぐち』は「急な坂の入口に建つ家」と云う意味です🍀。

静岡県伊豆市が発祥の原木しいたけ、自然栽培(無農薬・無化学肥料)で水稲🌾と野菜🍅も育てています🥗。

新鮮で安心で安全で、限りなく自然に近い農法で旬をお届けします🍀。

【わさび(ワサビ,山葵,WASABI)】
ワサビは日本原産で、平安時代の日本最古の薬草事典『本草和名(ほんぞうわみょう)』に、「山葵」の記載があります。
また慶長年間(1596年~1615年)には、駿府城に移り住んでいた徳川家康に、ワサビを献上したところ、その香りと独特な辛味を絶賛し、天下の逸品としてワサビは門外不出の御法度品に。葉の形が、徳川家の家紋である葵の紋に似ていることからも珍重されたと言われています。
静岡県はワサビ栽培の発祥地で、天城山を望む伊豆地域や南アルプスを水源とする静岡地域など、豊富な湧水で育った静岡県のワサビは、色合い、香り、辛み、甘みに優れ、主に関東や関西の市場で高級食材として販売されています。
静岡県では山間地の沢に階段状のワサビ田を創り、豊富な湧き水の養分だけでワサビを栽培する伝統的な農業が継承されています。
この伝統的な栽培方法は、完成度の高い栽培システムで、水の流れの緩やかなワサビ田には多様な生物が生息するなど、ワサビ栽培によって豊かな生態系も維持されています。
このため「静岡県の水わさび栽培」は、2017年に農林水産省の「日本農業遺産」に、2018年には国連食糧農業機関(FAO)の「世界農業遺産」に認定されました。