広島県尾道市

長光祥子

長寿園

レモン ライム みかん

瀬戸内・高根島の柑橘農家、長寿園の販売担当長光祥子です。

【とにかく一度食べてほしい】

どんなつくり方をしてるとか、そういうのは結果として味にでる。毎年同じように最高に美味しいものをお届けするのが自分たちの仕事。天候などの環境で味が左右されないように、その時必要な仕事を精一杯する。これがみかんを作り続けて40年の父と旦那の考えです。是非一度、お試しください。ここでは長寿園・販売担当の私の紹介をさせてください。
私は大阪で某生協団体の企画をしていました。そのころから生産者への憧れがありました。

瀬戸田にきてピンとくるものがあり、会社を辞め単身Iターン。アルバイトをしながら畑を借りて生活していました。そんな中、旦那と出会い、柑橘農家に嫁ぎました。

【猟友会への加入がきっかけで】
私、長寿園の販売担当の長光祥子がIターンで瀬戸田に来た大きな理由は「猟友会」への加盟です。
自然を遊び場にし、動物たちとの共存を目指し、いわゆる自然保護活動を「わしらの遊び場を守るのは当たり前じゃ!」と、こなす姿に大きな感銘を受け、移住して、おじちゃん達みたいになりたい!と、思い、その半年後に移住しました。
そのときから、その瀬戸田のしし肉を「しましし」と名付け、ソーセージに加工してもらい販売をはじめました。そして、子育ての傍ら、猟や捌きの見習いをしたり、家の手伝いをしています。やりたいことだらけですが、まずは家業!話しすぎる性格なので、旦那は心配?していますが、一つづつ仕事をこなしていきたいと思います。

旦那は柑橘農家の跡取り息子。市場で働いたのち、10年前から畑を継いでいます。
「高根みかん」は知る人ぞ知るみかんのブランドです。それが、選果場の統合などから、高根みかんとして市場に出回ることが出来なくなりました。だからこそ、直接「高根みかん」をお届けしたいのです。

みかんは「極早生(由良)」「早生(いしじ・田口・興津)」
オレンジのようなかおりのするみかんのような品種「はれひめ」
ハウス栽培で丁寧につくった「せとか」や「でこぽん」
低農薬の「レモン」「ライム」

があります。
産直ならではの、フレッシュで香りのよさを体験してください。

【産地力を高めたい!】
農家と一口にいっても、いろんな方々がいます。そんな中、高根島は、若手が帰ってきて、専業農家として頑張る人が増えてきました。そこで話をするのが「”産地力”を上げていこう」ということです。
”高根みかん”は間違いなくおいしい!そういう風に思っていただき、その期待を裏切らないものを、地域ぐるみで勉強しあい、助け合うことを心がけます。

しかし、選果場が統合し、市場には「高根みかん」が出回ることはなくなりました。自分たちのブランドを自分たちでつくっていく。その意気込みと、品質をお届けしたいと思います。私は嫁いでから、みかんはもちろんフルーツを食べる機会がぐんと増えました。そしてその良さを改めて感じます。

【フルーツが人々の生活に寄り添うように】
季節をダイレクトに感じるし、産地のことなどを想像する、そんなことから、それを囲む人たちとの会話が増える気がするのです。ビタミンが多いからとか、効能がどうの…とかはあまり進んで言わないけど、ここらの年配の方々が元気で、お肌がつるつるなのは、フルーツ効果ではにいか?!と、思う事も少なくありません。

みかんをフルーツをもっと私たちの世代に食べて、というか、買ってほしいなーと思います!
今から『お抱え農家』をもっていて、季節になったらそこの間違いないフルーツを買い、手土産にする。洋菓子とかを持っていく感じでさくっと、スタイリッシュに。そんな事をもっと当たり前にしていける工夫やシカケを創造していきたい!と思います。

長光祥子さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください