岩手県奥州市

佐々木 嘉春

焼き芋屋よこぜ

さつまいも

◆お客さまへのごあいさつ
佐々木 嘉春です。岩手県奥州市江刺で農業を生業としながら
地域景観保全と集落維持に努めています。

◆農家に成った経緯
20代前半2年間のアメリカ農業研修を通して、メキシコ人労働者やアジア系・ヨーロッパ系・アフリカ系など様々な人・文化・生き方を見て来て「何処で暮らそうが自分は自分の人生しか生きれない」「街場で働くのは街の人がすれば良い。村で働くのは村出身の人しかしない。」
そんな思いで生まれた土地で農業をすることを選択しました。

◆生産物・地域の紹介
リンゴ栽培の休憩に初めて食べたサツマイモ紅はるかの味に感動して、作る事を決意しました。

もともと産地ではないこの地で、気温・日照など栽培環境、貯蔵環境で克服しなければ成らない壁がありました。
反面冬場の乾燥した気候は干し芋作りには最適な条件でもあります。
誰も手本と成る人も居ない。試行錯誤の連続。そして今年(令和元年
度)4年目、皆様にお示し出来る干し芋、焼き芋が出来ました。

◆その他アピールポイント
適地ではないので、出来る努力は全てする。独特なknow-howの焼き方、蒸し方、干し方、仕上げ方です。

◆伝えていきたいこと・信念
耕作放棄地を出さない為に離農者から田んぼを借り受け、主食用米(ひとめぼれ)飼料用稲、大豆を栽培しています。

地域景観保全の為に採油用ひまわりを栽培しています。
集落維持の為に雇用の場としてリンゴを栽培しています。

農閑期の仕事としてサツマイモを栽培して干し芋、焼き芋を販売しています。

佐々木 嘉春さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください