広島県廿日市市

森脇俊博

佐伯の風

じゃがいも、米、にんにく

◆お客さまへのごあいさつ
佐伯の風の森脇俊博です。 広島県出身、廿日市市在住です。
20年位前ですが親の代わりに稲作をすることにしました。この時、付加価値の高い美味しいお米を作りたいと思いました。コシヒカリより価格が高いミルキークィーンを作って近隣に普及してみたいと思いました。佐伯地域にミルキークィーンの風が吹いて広まってくれと思ったことが名前の由来です。

◆農家になった経緯
私は食品の自動包装機メーカーで機械設計課に所属して設計、納品、メンテナンスなどを長年して来ました。
親の高齢化で稲作を手伝うことになり、その経験をもとに機械化農業を始めることにしました。農業用倉庫を自分で設計して作り、インターネットで農機具を安く購入して分解清掃整備をします。
今までは米作り専門でしたが、中型のトラクターを手に入れたのがきっかけで野菜作りを始めました。2トントラックのコンテナを利用して冷蔵庫を作りました。トラクター用作業機を購入し、整備して機械化畑作を始めました。

◆生産物・地域の紹介
佐伯地域は政令指定都市の広島市に近く近郊農業地域としてさらに発展する可能性があります。
また、夏には涼を求めて広島市近郊から沢山の人がやってきます。水と空気のきれいな佐伯地域でできる農作物がおいしいとよく言われます。

いろんな野菜の品種改良が進んで、今までにないおいしい種類の野菜がだんだんと増えてきました。私は食事にもおやつにも使える新品種で美味しいじゃがいもを選んで作っています。おいしく食べる情報も発信していこうと思います。

◆今後の展望・夢
全国的に農家の高齢化が進み耕作放棄地が徐々に増加していますが、その反面若者の就農者も少しずつ出てきているようです。佐伯地区もその例外ではありません、他県から移住してきて農業で生計を立てようとチャレンジしている若者や、希望を持って農業に取り組もうとする若い担い手がいます。方向を同じくする者同士が交流し、情報交換、共働もしながら、個人の「強み」を発揮し、「弱み」は補い合うことで地域を活性化できれば面白い未来があるのではないかと思います。

森脇俊博さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください