新潟県魚沼市

星 義美

農房 丸蔦食品

なす、大根、みょうが

◆挨拶
農房 丸蔦食品の 星 義美です。魚沼で生まれ、大阪に、17年いました。Uターン後は食品会社に26年勤め、定年退職を機に、親の手伝いだったみそ漬け、なす漬けに本腰を入れています。屋号は26年前、母蔦枝の蔦から「丸蔦食品」と父が決め、今回私が、農房を付けました。

◆農家になったきっかけ
 ほめてもらえることが、嬉しい。近くのイベント「てもんずら市」などで試食を配りますが、反応がいいですよ。

◆生産物にかける思い
味つけには、人それぞれの好みがあります。でも、素材のおいしさは、共有できるはずです。堆肥は、肥料の主要成分といわれるものは、少なく、効率は悪いですが、作物はおいしく育ちます。
泉州水なすは、浅漬けにぴったりと言われ、私もそう思います。あとは、ジャマをしない「あらしお」で、漬けるだけです。「うちの塩加減と同じ」と地元の方もいうなす漬けに仕上がっています。
殺虫剤は使いませんが、殺菌剤は場合によっては、使いたいので無農薬宣言はしません。なすも生き物です。途中で枯れたりするのは、しのびないのです。生かせるなら生かしたいと思います。手間をかけた、なすですから。

星 義美さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

星 義美 | 農房 丸蔦食品
2020.02.04.
はじめまして、今年から、ポケットマルシェにて販売することになりました 農房 丸蔦食品の 星です。魚沼市でなすを作り、なす漬けを売っています。わたしは、畑で堆肥をしっかりと効かせます。美味しいなすが実れば、8割完成です。今まで地元だけでしたが、ポケットマルシェを通して多くのみなさんに美味しいなす漬けを届けることができる、と思うだけで、ワクワクします。分からない事だらけですが、よろしくお願いします。