三重県尾鷲市

浜口精幸

精屋

干し芋、スナップエンドウ

◆お客様へのごあいさつ
精屋の浜口精幸です。精屋は祖父(精松)の時代の屋号で、祖父の1字を名前にいただいていることから、精屋と名付けました。安全で安心して美味しくいただける野菜作りを目指しております。精進し、がんばりますので、みなさまよろしくお願いします。

◆農業をはじめたきっかけ
退職前に家庭菜園をはじめたのがきっかけです。自分で作った(育てた)野菜の味を覚え、段々と作る野菜の種類が増えると同時に耕作面積も増え、現在に至っております。

◆地域の紹介
三重県の南部、リアス式海岸の熊野灘の南部に位置する尾鷲市の三木里です。海に山が迫っているため、広い平地はほとんどなく、傾斜地にへばりつくように民家が密集しているところです。昔はその民家から山に掛けての斜面で段々畑(水田)を耕して稲作が行われていました。現在は荒廃し、猿や鹿など獣の遊び場(?)なっているところです。退職後、その耕作放棄地を借り受けて、木々を伐採し、草をかり、開墾し、獣害フェンスを設け何とか農地として使えるようになりました。

◆作物とこれから予定
これまでは野菜とこんにゃくと干しいもが中心でしたが、農地も広くなったこともあり、果樹も初めてみようと思います。海が近くて気温も高めですので、トロピカルフルーツがいいかなと思っています。農地が段々になっているので、その段差をうまくつかって、栽培できないかと思案中! イイアイデアがあれば、ご紹介下さい。