鹿児島県霧島市

和田 新

農土家園

サツマイモ

【ご挨拶】
はじめまして
農土家園(のどかえん)の和田です。
2018年11月に鹿児島県霧島市にて就農。
『心の故郷(ふるさと)を守っていこう』がモットーです!
誰かの“おいしい笑顔”のために、安心安全な野菜をお届けいたします。

【耕したいのは土だけじゃない】
高校生の頃から地域おこしに興味があり、『THE少子高齢化地域』である故郷:霧島市牧園町を盛り上げていくために自分に何ができるのか考えた末、『農家だな!』と決意しました。

“人がいない。”
そんな牧園町の現状だからこそ、若い人が農業をやりたがらない現代だからこそ、チャンスがあります。

逆境も逆手に取れば、アドバンテージ。

I wanna cultivate Kirishima:^D

霧島を耕す農家に私はなりたい。

【人にも環境にも良い農業を目指す】
サツマイモは耕作放棄地を利用し、農薬未使用かつ無施肥で栽培。
鹿児島の土でありのままに育てました。
農業は一過性の生産を目的に、貴重な生物資源を失ってきました。

各産業がサステナビリティを意識せざるを得ない現代、農業もまた生産性のみならず環境に配慮した栽培方法を実践していく必要があります。

農土家園ではミニマムインパクトを意識し、適地適作を実践してまいります。

まだまだ、私自身の栽培技術が理想に追い付いていない部分もございますが、人にだけでなく地球にも優しい農業を目指します。

【令和元年サツマイモ・リベンジ】
農家1年生の平成31年2月、
祖母と収穫したサツマイモを、在学中にお世話になった神奈川のH氏に送ったところ『鹿児島の芋、全然甘くない。』と大変不評でした。

これがめちゃくちゃ悔しかった私。
H氏にリベンジを申し入れ、芋の栽培方法・熟成方法を一変。
『しんちゃんの芋が一番あまい!うまい!』と言ってもらいたい、

その一心に鍬を振るいました。

今年度の勝負の結果は、、、、

快勝。

品評動画には、『しんちゃん!めっっちゃ甘いよ!』と興奮気味のH氏の姿。
農家さんの芋を食べ比べしている方からも『今季食べた芋の中で一番』とのコメント。

神奈川では“いじられキャラ”だった私(^^;
食べる前は『しんちゃんのためにも、酷評してやろうぜ!』と息巻いていた方も『悔しいけど、あまい(笑)』と言われました。

令和元年のサツマイモ・リベンジ、大成功でした。

こんな素晴らしいサツマイモを育んでくれた霧島の風土に感謝です。

【味のご感想をお待ちしております】
ご注文の折には、是非ご感想をお送りください。
みなさまの声が私の励みであり、サツマイモをよりおいしくすることに繋がります^^

【今後の展望】
サツマイモ以外の野菜、母の加工品も今後出品する予定です。

和田 新さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください