兵庫県宝塚市

吉田義久

ファームよしだて

自然薯

◆ごあいさつ
「ファームよしだて」の吉田義久と申します。兵庫県朝来市生まれ宝塚市在住です。現在「自然薯農家」として奮闘中。

◆農家までの道のり
農家で生まれ育ち都会へ夢を託し、飛び込んだ先はテレビ業界でした。
関西を中心にバラエティ番組や情報番組 料理番組などのディレクターとして
日本全国、世界各国を駆け回り取材し、様々な人や食と出会いました。
その中で特に印象に残ったのが「自然薯農家」「いつか自分もやりた〜い」
そんな夢を叶える為に2018年から友人と自然薯作りを始めました。
現在半農半ディレクターとして頑張っています。

◆生産物への思い
自然薯は神戸牛の故郷、兵庫県但馬地方の糸井渓谷で栽培しています。
澄んだ空気と水、昼夜の温度差も大きいこの地で出来る自然薯は粘りも強く風味豊か。種芋の準備から収穫までは9カ月間にも及び、ほぼ手作業です。

◆伝えておきたいこと
「山菜の王様」自然薯は長芋に比べ強力な粘りがあり、すりおろして食べるのがベスト。ダシでのばしご飯にかけたり、お好み焼きに入れたり、お鍋の具としてもOK。消化酵素が多く、細胞の活性化や老化防止といった美容や健康に期待でき、昔は漢方薬として重宝されていました。ただし、加熱しすぎるとネバネバと一緒に栄養素も失われるので、要注意!イモ類の中ではカロリーが低く、ダイエットの強い味方にもなってくれます。

◆将来的には…
過疎化が進み限界集落との声もかかる田舎ですが
将来的には自然薯の里を目指し村おこしを考えています。

吉田義久さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください