熊本県玉名郡南関町

斉城大治郎

ららま農園

ミニトマト

『ららま農園の斉城大治郎です。』
山梨県出身、現在は熊本県南関町で長野県出身の妻と2人で農園を運営しております。
農園名の「ららま」は、スペイン語で枝という意味があります。縁も所縁もないこの土地で、小さなご縁から始まった私たちの農園ですが、少しずつ枝葉を広げ、様々なご縁をつなげていきたいという思いが込められています。


『なぜ農業をはじめたのか』
2011年、当時働いていた東京で東日本大震災を経験しました。スーパーやコンビニから飲食物がなくなり、ガソリンスタンドからはガソリン、街からは電気が消え、今まで当たり前だった生活が出来なくなったことで、社会に頼りっぱなしの生活だった事に気付かされました。そしてこの震災を機に「自分で食べ物を育てたい!」と強く思うようになりました。さらに、育てるだけではなく生活の一部として、そして美味しい野菜を人々に提供できるようになりたいと考え、大好きなミニトマト栽培を生業にする事を決めました。

震災後に熊本県に、次に宮崎県に移住し、いくつかの農園で仕事を経験させていただき、再び熊本県に移住しご縁のあったこの南関町で農業をはじめました。

『自然にも人にもやさしい農業がしたい』
以前の職場で農薬散布の仕事をさせていただいていた頃、化学農薬の影響と思われる心身の不調がおこり、動く事が出来なくなったことがあり、まずは自分の為に安全にできる農業をしていこうと考えました。また南関町はきれいな湧き水も多い自然豊かな土地です。私たちが使わせていただいている土地は、代々この土地で暮らしている地元の方の大切な土地です。この環境を大切にし、美味しいだけではなく、安全、安心、環境と健康にいい野菜を育てたいと強く思い、有機栽培をする事を決意しました。

『ノンケミカルで育てる』
ららま農園では、
化学農薬・化成肥料・除草剤を一切使わずに栽培しています。
自然界のものを使った有機肥料等を使い、大地や水をできるだけ汚さないように、次世代につなぐ農業を続けていきたいと思っています。

そして、安全、安心はあたりまえ。栄養価が高く健康にもよく、味もおいしい作物を、日々の食卓にお届け続けられるよう努力しております。

斉城大治郎さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください