三重県伊賀市

中司義人

きらめきファーム

イチゴ

【きらめきファームの中司(ナカツカサ)です。】
三重県出身、三重県在住です。農園名の由来は農園の生産物のイチゴを食べていただく時間がが人生のきらめくひと時になればと思い、きらめきファームと名付けました。

【自分の勝ちを発揮できる生き方を探して】
26歳まで情報機器販売の営業の仕事をしておりました。その中で、本当に自分の価値を発揮できる生き方は何か?と考えるきっかけがあり、日本の食料自給率や農業人口の若手が少ないという話を聞き、今後の日本にとって農業を盛り上げていくきっかけになれればと思い農業に興味をもちました。
三重県内の農家さんを周り、2年ほどとある観光農園で雇用していただき農業の知識と実務を学び独立に至りました。

【量より質を追求して】
三重県の伊賀市は山間部で気温も低くイチゴの生産にとって、そこまで大量に収穫できる地域ではありません。しかし、昼夜の寒暖の差があり気温が低いイチゴは、じっくりじっくり熟すため、濃厚な味に仕上がります。

きらめきファームのイチゴは他の農家さんに比べ、収穫量が少ないです。
イチゴの花の間引きをして果実のなる数を制限し、水分も抑えて作り食味重視で作っています。
数には余裕はありませんができる限り高品質のイチゴ作りを目指しています。
全国の皆さんから、きらめきファームのイチゴをもう一度食べたいと思っていただけるようなイチゴ作りをしていきたいと思います。イチゴの他にも桃の生産にも取り組んでいるので、高品質な桃づくりにも取り組みます。
脱サラして就農して4年がたちましたが、イチゴの品質を認めていただき、三重県いちご共進会にて2回の表彰もいただくことができました。農薬や化学肥料もできる限り抑え、みえの安心食材の認定をいただいています。

中司義人さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください