和歌山県和歌山市

堀 良輔

まごころ農園

桃、八朔

◆お客さまへのごあいさつ
まごころ農園の堀良輔です。和歌山県出身。和歌山市在住です。農園名の由来は全てにおいて「まごころ」を込めて、栽培、販売、発送するということに由来しています。

◆農家になった経緯
人の役に立ちたいと福祉大学卒業時に、「農業で人の役に立ちたい」と思い、22歳から農家を目指し、非農家から今日に至ります。今ではいろんな方々のおかげで成り立っている農園です。

◆生産物・地域の紹介
和歌山県にある紀の川市桃山町は紀州和歌山の母なる川、紀ノ川付近の水はけのよい土壌と、和歌山の温暖な気候が「あらかわの桃」という美味しい桃を実らせています。
桃を育てるには好条件が揃った「桃山町」で愛情をたっぷり注ぎながら育てています。

◆伝えていきたいこと・信念
少しでもたくさんの方に「美味しい!」と言っていただけるように、できるだけ木でならしてから収穫するように心がけています。
「安心」「安全」に食べていただくために必要最低限に農薬を減らし魚粕などを発酵させたボカシ肥料を中心に使用し栽培しています。
お客さんが喜んでいただける作物を届けられるように精進しています。

◆今後の展望・夢
今後はもっと規模拡大、品目を増やして、できるだけ旬の果物などをたくさんのお客様にお届けできるようにと思っています。「人の役に立つ」農業を目指しています。

◆その他アピールポイント
2018年の台風で、かなりの被害を受けたり、農家の高齢化も進んでいますが、できる限り「限界」を作らず、断らず、休耕地などを開墾しながら畑を増やし、植え付けなどもしています。