山形県西置賜郡飯豊町

小松新一

万宝院ファーム

【万宝院ファームの小松新一と申します】

屋号の「万宝院」は、”まんぽういん”と呼びます。

米沢平野の一角に位置する山形県西置賜郡飯豊町椿にて、江戸期から現在まで先祖代々稲作農家を営んでおります。

遠い先祖はきっと幾多の宝物、美味しいお米を生み出す農家という気持ちを込めて名付けたのでしょうか。

【美しい土地でお米を育てています】

飯豊町は田園散居集落の広がるのどかな町として、日本で最も美しい村連合(http://utsukushii-mura.jp/iide/)に加盟しており、当ファームが属す水田地帯は粘着性の高い肥沃な土壌を持ち、水源は最上川の源流白川に発しミネラル分の多い清らかな水を利用し、昼夜の寒暖の差が大きい、おいしいお米を作るのに最適な条件が備わった理想的な土地です。

また世界でも指折りの豪雪地帯のため冬季は白銀の世界へと一変し、日本の中でも四季が最もはっきりしており、そのメリハリの効いた季節の移り変わり、そして昼夜の寒暖差が美味しいお米を育て上げます。

明治11年(1878年)東北地方を廻ったイギリスの女性旅行家イザベラ・バードは、当ファームが所在する置賜平野を、鋤で耕したというより鉛筆で描いたように美しいアジアのアルカディア(桃源郷)のようだとその著「日本奥地紀行」で表現しました。

今現在も江戸から明治初期にみられた美しい田園風景を色濃く残す飯豊町、深い歴史が刻まれた、自然の恵み豊かな土地です。


【新しいことに挑戦し続ける姿勢を大切に】

当ファームの先祖は江戸時代、上杉米沢藩政下のお米農家でした。
義父は米沢藩中興の祖、上杉鷹山の名言”為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり”を座右の銘としております。
やればできる。何事も、やらなければできない。できないのはやろうとしないからだと。

変化を恐れず、新しい時代での農家の立ち位置を模索し、日々精進し生産に励んでいきます。