福島県耶麻郡西会津町

土田杏子

西会津しいたけファーム

しいたけ

1. あいさつ
西会津しいたけファームです。
福島県西会津町でしいたけ栽培をしています。
会津の気候は夏暑く、冬は厳冬。特に西会津町は大変な豪雪地帯です。
雪解けの良質な地下水と美しい紅葉をもたらす自然環境で育てられたしいたけは
肉厚で旨味が強く濃厚な味わいが特徴です。是非ご賞味ください。

2. しいたけ栽培を始めたきっかけ
「西会津しいたけファーム」は、東日本大震災における、富士ソフト株式会社の社会貢献活動の中、福島県西会津町で椎茸栽培に取り組む農家夫妻との出会いから始まりました。農家夫妻は、妻の視力障害をきっかけに、共に勤めていた小学校教師を辞め、「二人で一緒にできる仕事を」と、椎茸農家の道に進むことに決めました。椎茸栽培は素人であったため、県内の椎茸生産者のもとで一から修業をし、勉強会に参加することで技術を磨き、ようやく独自の椎茸栽培にこぎつけたのです。

3.東日本大震災を乗り越え「日本一の菌床しいたけ」へ
東日本大震災(3.11)では、西会津町も様々な面で大きな被害を受けました。しかし夫妻は、多くの人に認められる椎茸の栽培を目標に努力を続け、ついに「全国キノコ食味&形のコンテスト」で最優秀賞を、さらに「全国サンマッシュ生産協議会」主催の品評会で金賞を受賞します。

4.受け継ぐ思い
「西会津しいたけファーム」は、そんな夫妻の椎茸栽培に対する熱意、技術、知識を後世に継承し、椎茸栽培を通して地域の活性化、地方創生に貢献するため設立されました。夫妻の椎茸に対する情熱を受け継ぎつつ、生産量や品質の安定化を図り、より多くの方々に高品質の椎茸を提供していきたいというのが「西会津しいたけファーム」一同の強い思いでもあります。

5.更なる思い
現在では、技術を継承し「全国サンマッシュ生産協議会」の品評会で、「西会津しいたけファーム」として、6年連続金賞(2021/1)を受賞することができました。夫妻の技術を、1人でも多くの人に継承できる栽培環境を整えることが大きな使命の一つです。6年連続金賞受賞は、そのための大きなステップであると考え、これからも「西会津しいたけファーム」はさらなる飛躍を目指し椎茸栽培を続けていきます。