高知県高岡郡梼原町

高津中太

ロカヴォ

野菜セット

【「ロカヴォ」の高津 中太と申します。】
 静岡県伊豆の出身。20年前千葉から移住し、以来、高知県梼原町で有機農業を続けています。
 「ロカヴォ」とは、パリ近郊の農産物を積極的に食べようとする、食べ物のグローバル化に抗するパリの市民運動「ロカヴォール」からとった造語です。

【自給自足に根ざした有機農業に取り組んだ経緯】
 人生、「生きるために食べる」ことが基本であり、生命あるものは他の命を食べてしか生き残れないことを思い知り、自らが食べ物を生産する自給自足的仕事を最もストレスの少ない仕事として選びました。
 四季の変化に恵まれた日本人の食べ物こそ、季節の豊かさをそのまま享受する「素材の選択とその調理法」が、心身の健康と美味しさに今必要なことと考えます。
 「心と身体に優しい食べ物」を自らが生産し、それを十分消化し満足できる喜びが少しでもお客様に伝われば、生産者としてこれ以上のやりがいはありません。
 自給自足=少量多品目生産=有機JAS認証=固定種=自家採種=農場内エネルギー循環。
ロカヴォにとって長年変わらぬ仕事の流れです。

【生産物と地域の紹介】
 ロカヴォ有機農場は四国カルスト山麓のふもと檮原町の、標高450m~650mの山奥にあります。昼夜の激しい温度差、清流、山奥の静謐な空気が生命力あふれる安全で美味しい有機野菜を育ててくれます。
 檮原の土壌や気候などの自然環境と、激しく変化する社会環境に対応しつつ、毎日の食事に欠かせない野菜やハーブ、穀物、原木シイタケ、卵などと自家生産加工品など、どれも少量ですが、多彩多様なおいしい食べ物が少しでも安定し生産出荷できるよう、新鮮な水と空気で身体を癒す毎日です。                    2017.8.30 ロカヴォ 高津 

高津中太さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください