山形県西村山郡朝日町

古田晋

果樹園木楽

りんご

【こんにちは!果樹園木楽の古田です。】
埼玉県出身です。地元で9年間働いた後、果樹(りんご)で就農したいという思いから大学時代を過ごした山形へ移住しました。山形で知り合った妻は北海道(函館)出身で、元々は山形に縁のなかった二人が、この地を気に入って定住しています。果樹園木楽(きらく)は、木と共に楽しく暮らしたいという思いから名づけました。

【りんごを作るために朝日町に移住しました】
木と共に暮らしたいという思いから果樹、とくにりんごを作ってみたいと思い立ち、果樹農家で2年間研修し、2013年に新規就農しました。山形の中でも朝日町はりんごの栽培に適していて、おいしいりんごができるため、ここでりんごを作りたいと決意し移住しました。

【山形県朝日町はこんなところ】
山形県朝日町は、百名山の大朝日岳を擁する朝日連峰の麓にある町で、きれいな水と空気が自慢です。冬は雪深く、夏は気温が高くなるなど寒暖差が大きく、また一日の気温差も大きいことで、糖度の高い美味しい果物ができます。土壌の水はけがよいこともりんご栽培に適しており、美味しいりんごが採れることで有名です。

【りんご本来のおいしさを伝えたい】
木の力を引き出し、りんご本来のおいしさをお楽しみいただけるよう、除草剤、化学肥料は一切使用せず、最小限の有機肥料をつかい、農薬もできる限り減らすようにしています。ジュースなどの加工品も無添加にこだわり、酸化防止剤等は使用していません。

樹上で完熟した美味しいりんごをお届けすることにこだわっています。最高の状態でお届けするため、気象状況や樹々の状態をみながら収穫しています。太陽の恵みをいっぱいうけて完熟したりんごをお召し上がりください。

【夢は「世界一おいしいりんご」をつくること】
そのために剪定や摘果の方法など、日々試行錯誤しています。生態系にも配慮しつつ、手がかかっても安全でおいしいりんごを育てていきます。

夫婦二人で、おいしいりんごを愛情込めて育てています。農業はもちろん、暮らしそのものを楽しむことも大切にしています。食べるとしあわせな気分になるような、そんな「しあわせりんご」をお届けします。

古田晋さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください