和歌山県有田川町

白樫悠基

しらゆき農園

みかん

◆お客さまへのごあいさつ
しらゆき農園の白樫悠基です。和歌山県で生まれ育ち、みかんに囲まれて育ってきました。農園の由来は、 一代目 創業者の名前からですが、高原地で栽培しているため、冬場には雪が積もることもあり、それと掛け合わせた名称です。私で4代目となり100年以上みかんを作り続けております。

◆農家になった理由
都市部の人口集中、地方の衰退、みかん農家の後継者不足、常に自分の中に問題意識がありました。私自身が農業の担い手になれば、少しでも地方創生に貢献できるのではないかと思ったことが就農のきっかけです。現在は、農業の傍ら社会人大学院に通い、地方創生の研究活動も行っています。

◆標高が高く日当たりも良い地域
当農園がある有田川町は山々に恵まれた街です。その中でも特に私たちの農園は生石高原という標高800mの高原地のふもとにあります。この場所は標高が高く日当たりも良いので、毎年糖度が高くて甘いみかんが育ちます。斜面での農作業は危険も多く、大変ですが、みかんを食べてくれる消費者のために今日も元気に働きます。

◆物事を見た目で判断しない
物事を見た目で判断しないという信念を持っています。人間もみかんも「中身で勝負」です。みかんも見た目が悪くて、捨てられたり、避けられたりするものがあります。しかし、見た目が悪いからといって美味しくない訳では決してありません。むしろ、外側が綺麗なみかんよりも、味が濃くて美味しいものもあるくらいです。減農薬で栽培をしていると、どうしても見た目が悪いみかんもできますが、私たちはすべてのみかんを平等に味で評価して頂きたいという信念を持って仕事をしています。見た目が悪いみかんに偏見をもっている方にこそ当農園のみかんを食べて頂きたいと考えています。

◆減農薬へのこだわり
体に良く、安心して食べられる農産物をつくることをモットーにしています。農薬散布回数は少なくし、防腐剤や摘果剤などは一切使用せず、減農薬にこだわった栽培を心がけています。


◆育てている農産物

●有田みかん
・摘果青みかん
・極早生 ゆらわせ
・極早生 大浦わせ
・極早生 YN26
・早生  宮川わせ
・中生  中生温州

●雑柑類
・はるみ
・不知火

●ぶどう山椒

●ふき


白樫悠基さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください