和歌山県有田川町

白樫悠基

しらゆき農園

みかん

◆お客さまへのごあいさつ
しらゆき農園の白樫悠基です。和歌山県で生まれ育ち、みかんに囲まれて育ってきました。農園の由来は、 一代目 創業者の名前からですが、高原地で栽培しているため、冬場には雪が降ることも多いので、それと掛け合わせた名称です。私で三代目となり100年以上みかんを作り続けております。

◆農家になった経緯
大学時代に外国人留学生の方を対象としたみかん狩りツアーをコーディネイトしました。その際にとても外国人の方が喜んでくれたので、農家の仕事に誇りを持つことができたんです。和歌山県のみかん畑は世界に誇れるものであるという確信が持てました。私は元々は東京の広告代理店に就職する予定でしたが、地方創生への想いと地元和歌山県を活性化させたいとの想いから農家になりました。

◆標高が高く日当たりも良い地域
当農園がある有田川町は山々に恵まれた街です。その中でも特に私たちの農園は生石高原という標高800mの高原地のふもとにあります。この場所は標高が高く日当たりも良いので、毎年糖度が高くて甘いみかんが育ちます。斜面での農作業は危険も多く、大変ですが、みかんを食べてくれる消費者のために今日も元気に働きます!!

◆物事を見た目で判断しない
物事を見た目で判断しないという信念を持っています。人間もみかんも「中身で勝負」です。みかんも見た目が悪くて、捨てられたり、避けられたりするものがあります。
しかし、見た目が悪いからといって美味しくない訳では決してありません。むしろ、外側が綺麗なみかんよりも、味が濃くて美味しいものもあるくらいです。減農薬で栽培をしていると、どうしても見た目が悪いみかんもできますが、私たちはすべてのみかんを平等に味で評価して頂きたいという信念を持って仕事をしています。見た目が悪いみかんに偏見をもっている方にこそ当農園のみかんを食べて頂きたいと考えています。

◆「ミカンドリーム」を駆け抜けます!!
私は、地元和歌山県がもっと広く受け入れられ、活性化してほしいという想いを持っています。みかんはその手段の一つであると考えています。ですので、みかんに限らず、観光、インバウンド、地方創生といったキーワードで様々な側面からアプローチをかけています。将来的にはアジアを中心とした世界各国の方に和歌山県に来て頂き、みかんを食べてもらうことを考えています。現在22歳の若造ですが、大きな夢と目標を持って「ミカンドリーム」を駆け抜けます!!

◆その他アピールポイント
農業の世界で革命を起こすことができるのは、「よそ者」「若者」「馬鹿者」であることが必須であるとされています。何歳になってもこの要件を満たして仕事ができるように日々精進していきます。まずは農園のみかんを食べて頂き、農園に遊びに来てください。
お友達になりましょう!!

白樫悠基さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください