青森県十和田市

青柳順子

農園 NATUROBE(ナチュローブ)

にんにく、米

◆お客さまへのごあいさつ
農園ナチュローブの副農園長、柴田です。青森県十和田市出身。十和田市在住です。
農園名のナチュローブは「Natural(自然)×Microbe(微生物)」をかけあわせて名づけました。
生物も土壌も微生物こそが大切だと確信し、農薬・化学肥料に頼らない農産物の栽培に励んでいます。

◆農家になった経緯
「微生物資材」との出逢いにより、農薬や化学肥料に頼らない土壌で育った野菜の“野菜本来の美味しさ”に感動し、もっと広めたいと考えるようになりました。
そしてこの十和田市は、農園長である陸田にとって学生時代に学びと絆を深めた地。
さらに奥さんの実家が馬洗場で農業を営んでおり、その農地を引き継いだのが大きなきっかけです。
地元の農家さんをはじめ周囲のご協力に助けられながらここまでやって来れました。

開園から3年半、有機JAS認証農園として認証されました。

◆“天”と“森”と“水”の恵み
青森県上北、南部地方の内陸部に位置する青森県十和田市。そこは“天”と“森”と“水”の恵みに満ち溢れています。
八甲田連峰のミネラルたっぷりの水が十和田湖と奥入瀬渓流で活性化され、新渡戸稲造ファミリーが造った農業用水路を経て田んぼに入ります。

特別栽培米「駒義」はそのミネラルが豊富な水と一日の寒暖差の激しい、米作りに最適な土地で育ちました。化学肥料ゼロ、農薬7割減の体にやさしいお米です。

また、「有機にんにく」の生産にも力を入れています。にんにくの産地として有名な青森県ですが、有機栽培は高温多湿な日本の気候ゆえにでは大変困難な状況です。

当農園では微生物資材により農薬や化学肥料を一切使用しない健康な土壌で栽培した“100%オーガニックにんにく”の販売をしています。

◆伝えていきたいこと・信念
強い土を作るには自然との共存共栄が大切。農薬や化学肥料は人間の都合であり、土の中にいる微生物や土壌動物には歓迎されていません。「力強い土」にするためには、土着菌や土壌動物と共存共栄できる「微生物」が必要だと確信し、取り組んでまいりました。

◆今後の展望・夢
十和田市初の有機農園として、有機野菜をもっと地元の方々に親しんでいただき、
「地産地消」を通して、「生命に直結する農業」と「農の豊かな関係」を目指し、
安全・安心な野菜・米をお届けしております。

◆その他アピールポイント
「力強い土」で育てられた農産物たちは、自然本来の旨味と栄養が凝縮された「機能性野菜」となって、健康維持促進に役立ちます!

青柳順子さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください