和歌山県紀の川市

北田正樹

まーくん家

柿、みかん、はっさく、デコポン、ポンカン

◆お客様へごあいさつ
きただ農園、まーくん家の北田正樹です。
和歌山県出身。
現在、紀の川市在住です。
農園名の由来は、僕の育てた果物が皆様のお口に合い
親しみをもって、まーくん家の果物美味しい
と言っていただけたら嬉しい、
と思うイメージから名づけました。

◆農家になった経緯
祖父と祖母の二人で農園を営んでおりましたが、 祖父の体調不良もあり、 祖母一人での農園の維持は厳しいと思い、当時は週末のみでしたが、農作業の手伝いをしているうちに、 「農」に目覚めました。

このまま、祖父の育ててきた果樹がなくなってしますのは残念で皆様へお届けできないのは、イヤなので、農園を引き継ぐ決意をし、退職し地元に戻り、今に至ります。

◆生産物・地域の紹介
地元と紀の川市は、 割と温暖な気候も、紀の川市内では色々な果物が栽培されている恵まれた地域になり、 当園はその中でも、 南向きの園地が多く、太陽の恵みをいっぱい受けられ、 柿、柑橘が多いですが、よい作物を育てれる環境かと思います。

◆今後の展望・夢
「自然と共生し、皆様に旬の果物を美味しいという感動を生み出す場」として農園を開いていきたいと思っています。農は自然から生まれる。その農から食が生まれる。食は健康を育み、感動を生み出す。僕は、きただ農園、まーくん家を農業という枠でくくらずに、”自然と共に生き、感動を生み出す場”としてお客様に開いていきたいと思っています。

今農業のみならず、高齢化が進み後継者がいないという現実になります。
それでも、少しでも多くの方に、作物を育てる[育てる楽しみ]、[収穫をする楽しみ]など、農業に関する[楽しさ]を知っていただけたら嬉しいと思っております。

北田正樹さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください