北海道空知郡上富良野町

岡和田靖志

おかちゃんファーム

トマト、カボチャ、トウモロコシ

◆お客さまへのごあいさつ
おかちゃんファームの岡和田靖志です。あだ名で呼びあえるような、お客様に親しみをもってもらえる農園を目指して、おかちゃんファームという名前を屋号にしました。

◆農家になった経緯
小さい時から酪農をする父の姿を見て育ち、父が亡くなった後に後継者として営農するもやむなく2016年に離農しました。
その後、建築会社にお世話になっている間もずっと心の中に農業への夢が消えることはありませんでした。

次男が誕生したのをきっかけに、妻とこれからの人生の歩み方を話し合う事が多くなりました。

一度は農業から離れ、客観的に農業という生業と暮らし方を見つめ直した時に出た結論が「自分の大好きな食べ物を作って、他の人にも食べる事を好きになってもらいたい」という気持ちでした。

その後、町内の農家さん達に助けてもらいながら2019年にトマトをメインとする農家として再就農しました。

◆生産物・地域の紹介
北海道上富良野町は、ゆるやかな丘陵地帯がどこまでも続く風光明媚なところです。大正15年(約93年前)に十勝岳噴火で街のほとんどが泥流に呑まれるという大災害を経験し、そこから復興した復興の街でもあります。

我が家の畑は3方を森に囲まれていて、すぐ脇を十勝岳からの小川が流れています。町から離れた山あいの行き止まりにあるので、訪れた方は「えっ!?こんな所に畑があったの」と驚かれます。

トマトをメインに作っているんですが、普通のトマトとは少し違う品種を、面白い育て方で栽培しています。
まず、私が作っている品種はイタリアントマトと呼ばれる加熱調理に適したミニトマトです。イタリア料理、特にパスタに欠かせない調理用トマトは、加熱することで旨味成分が出て料理に深みをもたせてくれます。

そして、特徴的なのが栽培方法です。普通のトマトはビニールハウスの中で真上に吊り上げて作るんですが、私は露地栽培、しかも除草剤を一切使わず畝間にはびっしり雑草を生やしています。
(もちろん放ったらかしではなく、伸びるたびに草刈り機で刈って“散髪”しています)

これは果樹栽培における考え方の一つ、草生栽培を取り入れたものです。最近の研究で、草の根と根が何かしらのネットワークを形成しているのではないかという仮説があります。晴れの日が続くとすぐに伸びてくるので手間はかかりますが、甘いだけじゃない我が家のトマトの旨味に雑草の根が貢献してくれている気がしています。

また、牛舎の為に十勝岳の湧き水を引き込んだ自家製水道の水だけを使って栽培しているのも特徴の一つです。毎年必ず水質検査を行った綺麗な湧き水で育てたトマトですので、安心してお召し上がり下さい。

◆伝えていきたいこと・信念
離農という、一度大きな挫折を経験しても自分の中に有り続けた農業への思い。両親が教えてくれた自家製野菜の美味しさや、食べる楽しさを今度は私が全力でお届けしたい。

◆今後の展望・夢
食べる楽しさ、そして土や生き物に触れる楽しさ。そんな楽しさをお客さんと一緒に体験できる農場にしていきたいですね。トマトはもちろん、ヤギやニワトリもいて、賑やかで来る人が笑顔になれる場所。それがおかちゃんファームの理想であり、目指す形です。

岡和田靖志さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください