福島県郡山市

小山順平

コヤマ農園

トマト お米

◆お客さまへのごあいさつ◆
福島県郡山市でお米、野菜を栽培生産しているあぐり部の小山順平と申します。
「農業でより豊かに」を理念に掲げ
より豊かで幸せになれる農産物の生産、お客様との関係性を心掛けております。

その為に土地の資源を最大限に活かせる栽培技術の習得、管理の徹底、
栄養バランスの良い農産物生産を心かげています。

試行錯誤の日々ではございますがビジョン実現の為、日々励んでおります。
─ ─ ─ ─ ─


◆農家になった経緯◆

心身の不調から学生時代は満足に過ごす事も出来ずにいましたが、
【農】や【自然】はいつも身近にあり常に関心がありました。アルバイトで資格習得などしながら生計を立てていた頃、兄弟の結婚などもあり、25歳の時に実家の仕事を継ごうと決意しました。
当初は【農】を【生業】にする事に戸惑いうまくいない事もありました。そこで農業により知識を深める為に県の研修制度を利用して短大で2年間を過ごしそこでより多くの経営知識、栽培技術を学びました。
在学時に掲げた論文テーマ「稲作経営の省力化と改善案」は今でも実際の農業経営に大いに役立てています。
現在は家業である稲作経営を行う傍ら、複合的な経営を実現すべく野菜、果樹、ハーブ園、など様々な取り組みを 行っています。




─ ─ ─ ─ ─


◆生産物・地域の紹介◆
標高約500mに位置する湖南町は、高原と湖に囲まれた珍しい地域です。春になると布引高原から流れ出る豊富な雪解け水を資源にミネラルたっぷりのお米作りを行います。

土壌は砂と粘土の中間で肥沃で保肥力もあり水はけもよいとてもバランスの取れた土壌です。

湖南町の特徴の一つに寒暖差があげられます。作物の特性上、夜寒いと炭水化物の消費量が抑えられより健全な作物が育ちます。そのような植物生理に従い環境に上手に適応しながら作物を育てています。

また作物が健全に育つよう土作りを基本に農業を行っています。
堆肥を使い微生物が活発に働く環境作りへの取り組み、土壌分析を行いそれに基づいた施肥設計、農薬使用基準を遵守しております。


─ ─ ─ ─ ─


◆伝えていきたいこと・信念◆
「あなたの作る野菜は美味しい」そう言って喜んでもらえるのは湖南町のおかげです。
自然豊かで多様性のある湖南町で育った作物だからこそ品質の高い農産物が生産できています。そして仕事を続けていく上で「農業で湖南町をより豊かに」という事を心がけています。

様々な経験を積み重ねながら新しいことも取り入れる探究心を忘れない、そんな農家を目指してます!

─ ─ ─ ─ ─


◆今後の展望・夢◆
「多様な生物と共存」をテーマに農業を行っていきたいと考えています。僕は自身の事を【畑の管理者】だと思っています。
【根が土を耕しタネが実になる】
その為のお手伝いとして僕ら農家が存在し、実りをお客様に与えられればと思っています。

─ ─ ─ ─ ─