長野県東御市

前澤隆行

Ro_vineyard

プラム、ズッキーニ、とうもろこし

◆こんにちは、Ro_vineyardの前澤隆行です
主にワイン用ブドウを栽培し、当面は委託醸造でワインを生産します。農家として米や野菜、その他果樹も栽培し自然の恵みを堪能しています。

◆『ワインのそばに』をテーマに海外で生活してきました
学生のころに海外の食文化に興味を持ち、ワインに触れるようになったことがきっかけで将来はワインに関する仕事をしたいと思っていました。就職は飲食業を選び数年後にはもう一つの目標であった海外での生活をワーキングホリデー制度を利用してイギリス、ニュージーランドそしてオーストラリアと転々としていました。自分の中でのキーワードは『ワインのそばに』。イギリスは様々な国から移住者が来ていて、世界中の食文化を体験できました。また、そこでの生活をきっかけにニュージーランドのワイン生産の大きさを知り、渡ることを決意しました。実際にブドウ畑で作業をしながら生活ができたことが今に繋がっています。
日本に帰ってきてワイナリーの求人を探していた頃に長野県東御市でワイン生産者やこれから新規で始めたい方たちを対象としたアカデミーが開講するという情報を入手し、私の道はこれしかないと興奮しながら応募したことを覚えています。滑り込みで合格し、それと同時に他で農業全般の研修を受け農業の世界へ入っています。

◆生産物・地域の紹介
ワインぶどうの他に、ブロッコリー、とうもろこし、ズッキーニ、プラムなど様々な栽培を手がけています。将来的にはワインぶどうを主な品目とし、野菜などは規模を減らしていこうと思っています。長野県東御市は日昼夜の寒暖差が著しく、生産物にとって条件の良い地域です。また、年間の降水量も少なく品質の良い物が生み出されます。また、栽培地は標高600m付近から900m付近に点在しその場に合った栽培をすることでより良い物をと作業しています。

◆みんなが心踊るようなワインが提供できたら
農家であることを軸に、主としてはワイン生産を1次産業から手を加え、醸造し、販売へとすることで自分の作品を楽しんでもらいたいです。ただしそこは、気兼ねなく片意地はらず「美味しいね」とか「面白いね」とかで良いと思っています。私はみんなが心躍るようなワインが提供できたらいいなと思っています。更にはこの地で、非日常を体感できる環境をシェアしたいです。

◆10年以内には自分のワイナリーを
小さくてもいいので10年以内には自分のワイナリーを持ち、こだわりの詰まったワインを楽しみにして欲しいです。自然に囲まれた地で生活をし、その年その年の変化を間近で感じながら寄り添うように作物の収穫を喜びとしていきたいです。その中でほんのひと時をみんなと共有し楽しい時間を過ごしたいです。

◆遊休荒廃地をワインぶどう畑へ
高齢化社会が進み、遊休荒廃地が増えていく中そのような土地をワインぶどう畑へ再生しています。その他の作物も同様で後継者不足が全国で問題であると感じています。

前澤隆行さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください