沖縄県那覇市

石川栄有

りんがくや

田芋

◆お客さまへのごあいさつ◆
りんがくやの石川栄有です。「りんがく」とは田芋を甘く煮て練った沖縄の郷土料理で「でんがく」「でぃんがく」とも言ったりします。私はこの田芋という作物の専業農家です。田芋の直販、田芋を使った総菜やお菓子の販売をやりたくて、母や妻とともにりんがくやというお店を立ち上げました。よろしくお願いします。

─ ─ ─ ─ ─

◆農家になった経緯◆
私が生まれ育ったのは田芋の生産が盛んな宜野湾市大山というところです。うちは農家ではありませんでしたが、生活の中に田芋がある風景が普通でした。幼少期は毎日のように田んぼでグッピーを取り、友達の家に行けば、家族総出で収穫した田芋を選別したり皮を剥いたりしている光景を見てきました。2011年ごろ、今後の働き方について考えるタイミングがあり、長く続けるなら自分が心地よいと思う風景の中に身を置きたいと思い、幼馴染の叔父さんである田芋農家に弟子入りすることを決意しました。

─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
田芋は文字通り田んぼで育つ芋で、水芋とも呼ばれるサトイモの仲間です。サトイモよりも粘り気があり、もっちりとしています。沖縄では旧暦・仏壇行事には欠かせない野菜です。温暖な沖縄では年中収穫できます。

─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
田芋の水田は住宅地の中にぽっかりとあり、不思議な光景です。周囲がどんどん開発されていく中、未だに昔ながらのやり方で湧き水で作っています。高齢化で後継ぎがいない農家がほとんどで、私のような新規就農はめずらしいです。整備されていない水田での農作業は重労働ですが、やればやるほどまわりの先輩方のすごさに気付かされています。幼き日、田んぼでグッピーをとりながら横目でみていた農家のオジイにまさか自分がなろうとは…あの頃は想像しませんでしたが、いつか風景の一部になれるように、この環境が残るように、まずは田芋を作り続けて多くの人に食べてもらう事が目標です。

─ ─ ─ ─ ─

石川栄有さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください