滋賀県野洲市

堀 彰男

せせらぎの郷

◆お客さまへのごあいさつ◆
せせらぎの郷の堀 彰男(ホリ アヤオ)でございます。滋賀県出身、野洲市在住です。
私たちの「ゆりかご水田」では、今年も、琵琶湖の魚がたくさん生まれ、琵琶湖へ巣立っていきました。いきものと人が共生する琵琶湖の生態系を守る農業で安心・安全なおいしいお米をお届けしていきます。

◆農家になった経緯◆
琵琶湖の麓に位置する野洲市須原は、水郷地帯でかつては、川が縦横に流れ生きものの豊富な地域で、琵琶湖の魚たちが田んぼに遡上し、たくさん子どもを産んでいました。私たちは幼いころから学校から帰ると毎日、魚釣りや魚つかみをして、つかんだ魚は夜の「おかず」となっていました。
私たちの暮らしは安全で便利な世の中となりました。その一方では普段の暮らしの中で川や琵琶湖との関わりが薄くなり、身近な生きものの価値や環境に気づくことが難しくなってきました。近年、琵琶湖の魚が激減しています。もう一度自然に触れ、自然の価値を後世に繋げたいとの思いで魚のゆりかご水田米を作っています。

◆生産物・地域の紹介◆
かつての琵琶湖周辺の田んぼは、排水路を通じて琵琶湖とつながり、フナなどの湖魚にとって産卵繁殖に絶好の場所でした。しかし、農作業の効率化を図るための圃場整備などによって、田んぼに湖魚が入れなくなりました。
そこで、私たちは魚道を作り、琵琶湖から田んぼにフナ、コイ、ナマズ等の湖魚が毎春迎え入れています。
魚たちが、田んぼで安心して産卵、孵化し、中干し時期に琵琶湖に戻っていくという琵琶湖と人が共生する生きものに配慮した米作り(無農薬・無化学肥料)の取組を実施しています。

◆伝えていきたいこと・信念◆
「魚のゆりかご水田米」は、未来につなぐ農業です。琵琶湖の魚たちが安心して暮らせる農業、子どもたちが安心できる米作りを目指しましょう。
毎年、田植え体験、いきもの観察会、収穫祭などイベントも行っています。私たちと生きもののこと、環境のことを考えていきませんか?

◆今後の展望・夢◆
琵琶湖との共生する農業をについて考えていきます。琵琶湖の生きものを育む環境で育った安心・安全なお米づくりを推進してまいります。

◆その他アピールポイント◆
毎年、農業体験イベントとして田植え体験、生きもの観察会、稲刈り体験を実施しています。水田で開くイベントは、子どもたちが湖とともにある暮らしや湖、川、山とつながる循環型の農業を学ぶ絶好の機会ですので皆さんの参加お待ちしております。
オーナー制度も採用し、現在12組の方が本年度も入会いただいております。

堀 彰男さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください