長崎県佐世保市

里村貴司

さとむら牧場 チーズ工房Fiore

チーズ、ヨーグルト

◆お客さまへのごあいさつ◆
さとむら牧場チーズ工房Fioreの里村です。長崎県出身。佐世保市在住です。約70頭の乳牛と5頭のヤギと4頭の羊と山の中で生活しています。主に生乳生産をしておますが、その傍ら、我が家の牛乳の美味しさを伝えたい!牛乳の素晴らしさを伝えたい!2016年にチーズ工房を立ち上げ、夫婦二人三脚で製造販売をしています。「Fiore」はイタリア語で「花」を意味します。「花」があるところには「笑顔」があり「笑顔」があるところには「楽しさ」「優しさ」があります。私たちが思いをこめた「Fiore」のチーズでたくさんの方を「笑顔」にしていきたいと思っています。
─ ─ ─ ─ ─

◆酪農家になった経緯◆
生まれた時から牛に囲まれての生活。代々受け継がれてきた酪農の営みや田園風景とともに人生を過ごしていきたいと思いはや20年。酪農は牛乳を生産するだけでなく「いのち」をつなぐ大切な産業だということを牛と共に生活しながら感じています。
─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
牧場のある場所は佐世保のイメージはからは遠く離れた山奥にあります。水や空気など自然の資源に恵まれた牛が暮らすには最適な場所です。時折吹く九十九島からのミネラルを含んだ潮風や船の汽笛、ふと湾港の都市であることを思い出します。広い牧草地はない中でエサはできるだけ自給粗飼料を使用し、牛の健康に気遣いながら生乳生産をしています。その味はミルクの甘み、旨みがギュッと詰まった商品です。1個1個手作りで丁寧に仕上げています。冬(2019年)にはチーズに適しているといわれるジャージー牛とブラウンスイス牛の出産が控えています。その牛乳でチーズを作るのを生産者としてとても待ち遠しいです。
─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
搾りたての牛乳から作るチーズたち。その季節や温度などで風味も味も変化します。牛が命がけで出してくれる牛乳をチーズというかたちでたくさんの方々に味わって委t抱きたいです。そして牛乳のもつ価値をチーズを通して伝えていけたらと思います。
─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
現在はフレッシュを中心とした生産ですが、今後はハード系やウオッシュ系など佐世保の土地・風土を生かしたチーズを作りたいです。
─ ─ ─ ─ ─

◆その他アピールポイント◆
なかなか、佐世保で酪農?チーズ?とピンとこないかもしれませんが、家族で酪農を営むことで田園風景を守り、地域の農業を守り、日々暮らしています。
─ ─ ─ ─ ─

里村貴司さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください