愛知県田原市

宮本健太郎

宮本養鶏場

鶏卵

◆お客さまへのごあいさつ◆
宮本養鶏場なごみたまごの宮本健太郎です。
愛知県出身、愛知県在住です。
農園名のなごみたまごは調和の和に由来します。
3つの調和、自然と調和・人と調和・鶏と調和。
自然環境を大切に。人に優しい生産現場。鶏が幸せに暮らせる生活環境。
それらを、毎日意識して取り組めるようにという思いから名付けました。

─ ─ ─ ─ ─

◆養鶏場を営むことになった経緯◆
身内が街で鶏を飼育してたが、近所からの苦情で鶏を手放さざるを得ない状況になり、鶏を宮本養鶏場に移動。
空いていた畑の小屋で飼育。産まれてきた卵が今まで食べていた卵とは比べ物にならないほどの美味しさで感動する。その感動をたくさんの人に伝えたい。そんな思いから平飼い飼育を決意しました。

─ ─ ─ ─ ─

◆生産地域「渥美半島」のご紹介◆
卵が苦手という方にも食べられるような雑味、淀みのない卵を生産するには綺麗な空気がとても大切です。ここ渥美半島は年中、強い風がふいているので、鶏舎の中は綺麗な空気が流れています。さらに海が近くにあるので、塩を含んだ風がふき、ミネラル豊富な土になっていきます。そのため、雑味淀みのない、甘い卵が出来上がります。

─ ─ ─ ─ ─

◆卵のパッケージだけでは伝わらないものが多すぎる◆
スーパーに卵が並んでいると、どれも同じように見えます。でもその飼育方法は様々。
窓があり、新鮮な空気や光が入る開放鶏舎やそうでないウインドレス鶏舎。
自由に動き回れる平飼いや身動きの取れないケージ飼育。安全な非遺伝子組換えのエサや体にダメージがあると言われる遺伝子組換えのエサ。濃厚な卵に仕上がるが、それと引き換えに防腐剤や重金属を体に入れてしまう魚粉。

安くするために動物虐待とも言える強制換羽。
卵のパッケージだけでは伝わらないものが多すぎるのが卵です。
当農場では生産現場を見学してみたい方用に農場見学も実施しております。

─ ─ ─ ─ ─

◆当農場では実際に見学・体験ができます◆
食の安全性の基準を伝えたい。
物価の優等生と言われている一般卵。
高級と言われている平飼い卵。
その違いが当農場では実際に見学・体験ができます。
写真を見る、話を聞くのとでは違う、その場に足を運ぶからこそ感じるものがあると思います。
ご希望の方は卵とり体験・農場見学可能。
(有料)

─ ─ ─ ─ ─

宮本健太郎さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください