福岡県糸島市

有田 太

zontagfarm 糸島どんたく農園

多品目路地野菜・原木椎茸・シークワーサー・キンカンライム等

【糸島どんたく農園の有田です】
"zontag/どんたく"とはオランダ語で "休日"を意味し、兼業農家の私が休日を使って農業を行うことから由来しています。

【糸島の魅力に気づき就農しました】
私は、糸島市の雷山地区に代々続く農家の家に生まれ育ちましたが、若い頃は農家よりも街への憧れが強く地元を離れ20代から30代前半を福岡市内で過ごしました。その時、一歩離れた所から糸島を見ることで改めて地元糸島の風土や自然環境、そして歴史ある文化の素晴らしさを再確認しました。地元を離れている期間を含め約10年間、母が行う野菜作りを手伝っていましたが2016年11月より地元に戻り、会社勤めを続けながら本格的に農業の道へと進みはじめました。

【"奇跡の大地”と呼ばれる糸島市雷山地区】
ここ“糸島市雷山地区”は、北西は玄界灘、南には脊振山系の雷山があり、水も綺麗で雄大な自然に囲まれているため美味しい野菜を育てるには最高の環境です。一部では“奇跡の大地”と呼ばれる豊かな環境は今や全国的にも知名度が上がり移住者も歳を重ねるごとに増加しています。

【信念は"薬品に頼らず土や植物の力を引き出す事に重点を置くこと"】
自分自身や身近な人たちが安心して口にできる物であること。そして何よりも食べた人が笑顔になって「美味しいね」と言って頂ける事を目標としています。これまでは減農薬での栽培を行ってきましたが、2018年夏以降は農薬の使用を全てやめ土を育て豊かな土壌で元気な野菜を育てるために日々奮闘しています。

【糸島という恵まれた環境と土地の恵みを最大限に活用したい】
原木椎茸の栽培で出る枯れ葉を使い腐葉土を作り、糸島市内から出る間伐材を使ったチップ堆肥(バーク堆肥)や、糸島の海で採れる海藻(ミネラル)、国産米ぬかに酵素菌を配合し高温発酵させ肥料へ混ぜ土壌改良を行っています。糸島という恵まれた環境と土地は先人達が守り抜き育ててくれた貴重な財産であります。その恵みを守りながら最大限に活用し自分なりの循環型農業を確立して永く継続していきたいと思います。

有田 太さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

ままレモン
2019.12.03.
シークワーサーが大好きで届いた日はさっそく醤油に搾ってお刺身を頂きました。
そのあとはサワーにしたり、ジュースにしていたのですが、沢山入っていていたので、今回は初めてゼリーにしてみました。色もキレイで家族にも好評でした。酸っぱいのが苦手な子も美味しいと食べてくれました。
ご馳走さまでした。

有田 太 | zontagfarm 糸島どんたく農園
2019.12.03.
この度はありがとうございました‼︎ゼリーだなんてとても美味しそうですね😊
ウチでは酢の物や焼き魚、焼酎やポン酢として使うばかりですが参考にさせて貰って妻に作ってもらおうと思います♬