北海道上川郡鷹栖町

原崎拓也

原崎農園

アスパラガス、大豆

◆お客さまへのごあいさつ
原崎農園の原崎です。2012年に新規就農者として就農いたしました。
北海道上川郡鷹栖町は雄大な大雪山を一望できる絶好のロケーションにあります。
夏冬の寒暖差も大きく、作物が美味しく育ちやすい気候で自分たちが食べたいと思えるものを、心を込めて皆さまの食卓に届けます。

◆スローライフに憧れて
1972年9月21日生まれ、旭川市出身。2007年に新規就農を志し、研修先の農家でアルバイトを続けながら旭川市近郊の農業関係機関に足を運び続け、ご縁が重なり2012年に鷹栖町に移住。勤めていた会社で農業にふれる機会があり興味を持ち、その後スローライフに憧れ新規参入を決意しましたが、スローな生活はまだまだ先になりそうです(笑)

◆「安心感のある野菜」を届けられるように
育てている作物は、在来種の青大豆やグリーンアスパラガス、トマトジュース「オオカミの桃」のトマトやフルーツトマトを中心に、東京や旭川などの飲食店向けに少し変わった野菜たちを、少量ずつ多品目で栽培しています。
中でも今は、春のグリーンアスパラ、夏のホワイトコーン、秋のカラフルかぼちゃ、冬は貯蔵野菜や越冬野菜の試験栽培に力を入れています。
毎年、新しい品種や栽培方法などにチャレンジしながら、安全な生産方法を考えつつ、自分たちが食べたいと思える「安心感のある野菜」を食卓に届けれる様に努力しています。
鷹栖町は、北海道の中ほどに位置し、近隣にはスキー場が多数点在する地域で、旭山動物園へ約20分、旭川空港へ約40分の場所にあります。

◆「人はトマトをつくれない」
栽培方法としては、「人はトマトをつくれない」をモットーに、土を育てる事を意識し、特別栽培と呼ばれる減農薬や農薬不使用などで栽培し、おいしく安心安全だと思える農産物を、同じ思いを持ち必要だと思ってくれる人々に安定的、継続的に供給できる様、環境に配慮をしつつ、再生産と持続が可能な多様性のある農業を目指して行きたいと考えています。

◆今後の夢
「安心ブランド・安全栽培の想いを込めて食卓へ届ける」との思いで、日々色んなことにチャレンジしながら自分たちが食べたいと思えるものを心を込めて皆さまの食卓に届けていきたと思っています。

原崎拓也さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください