秋田県横手市

高橋和敏

いさお果樹園

りんご、プルーン、西洋梨、米、山菜

◆いさお果樹園の名前の由来◆
いさお果樹園の高橋です。当園名の名前の由来は、亡き父「威作雄」が丹精込めて育てたリンゴ園であること、父の名が地区に浸透していること、父の農園を継ぐという決意を表しております。


◆リンゴ農家を継いだきっかけ◆
いさお果樹園のある秋田県横手市の馬鞍地区は、秋田県内では名の知れたリンゴの美味しい産地です。しかし、後継者問題で、年々栽培する農家は減少の一方です。

そんな中、父の亡くなった後に果樹園はどうするかとの話になりました。
安定した会社員を選び果樹園を辞めてしまうか。会社を辞めて果樹園を選ぶか…

悩んだ末、規模を減らし、会社員と果樹園の両方を続ける決断に至りました。

一概に自分一人の力ではどうにもなりません。陰で支えてくれる母親、「父親に世話になったから、今度は俺たちがお前を支える」と言ってくれた、親戚や近所の方々、その方々がいたからこそ、いさお果樹園として再出発しようという思いになりました。



◆地域の紹介◆
当園は秋田県横手市の馬鞍地区あります。
横手市は全国的には焼きそば、かまくらで有名かもしれませんが、県内ではリンゴの産地としても有名な地区です。横手市は果樹栽培としては他に類を見ないほどの豪雪地区です。豪雪の為にリンゴの枝や幹を折られ、壊滅的な被害が発生した年もありました。

暑さと寒さの差がある環境だからこそ、美味しいリンゴが出来るのです。


◆リンゴ栽培への思い◆
当園の地区は、リンゴ農家では生活していけないと離農する方々が年々増えています。生活していけない原因は、自分達で販路を見だせず、JAへ出荷しているため、保存料、運搬料、選果料などの手数料に多く取られ、手元には半分しか入らないためにあります。

私は、離農を少しでも減らし、伐採されるリンゴの木を減らし、この地区の味を守っていければと思っています。

高橋和敏さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

高橋和敏 | いさお果樹園
2019.06.12.
只今、摘果作業🍎の作業中
摘果は少しでもリンゴに栄養を回すため、余分な実を摘む作業です。
リンゴは花が受粉し、果実になろうとしてる実の90%を落とすと言われています。
摘果を早く終わらせ、少しでも一粒の実に栄養を蓄えられるように頑張ります!

高橋和敏 | いさお果樹園
2019.05.29.
田植えも無事に終了し、昨日今日の雨で水もしっかりと入った!

今週末に除草剤を散布して、こるからは水と草の管理をしっかりとしていかなきゃな!

さーて、これからはリンゴと田んぼでの仕事が忙しくなるぞ⤴️⤴️⤴️⤴️

✨今から収穫の秋が楽しみだ~~~🌾🍎🌾🍎🌾🍎🌾✨

私、写真撮るのも好きなんです📸

高橋和敏 | いさお果樹園
2019.05.26.
今日は田植えです。

いさお果樹園ではお米も作っております。

しかし、お店で売ってるように、全て真っ白なお米で揃える事の出来る機械がないので、虫に味見をされて色が着いてしまったお米もたまーーーーーーーーーに混ざってしまいます。

このお米は精米して食べる分には、我が家でも日常的に食べているので何も問題ありません。

ブランドの服を買うか、安い服を着るかくらいの違いと思っていただければ、分かりやすいかもしれません。

なので、スーパーなどで売られているお米よりは格段に安く販売させていただいてます。

ご理解いただける方に限り、販売を行っております。

どうぞ、よろしくお願いします。