三重県熊野市

平石俊樹

元祖熊野地鶏まる悠

地鶏、卵

◆挨拶
まる悠ファームの平石俊樹です。地元三重県熊野市にて養鶏をおこなっています。
熊野地鶏という三重県畜産研究所が長い年月を掛けてうみだした地鶏の販売。熊野地鶏・烏骨鶏などの卵の販売をおこなっています。

◆養鶏をおこなうきっかけ
一人暮らしの母親の近くにいた方が良いと考えていたところ。叔父さんが行っていた養鶏場が後継ぎが無く使われていないことを聞き、Uターンで地元で養鶏をおこなうことを決めました。

◆生産物にかける思い
熊野地鶏は三重県畜産研究所が肉質にこだわり、研究・開発し、熊野地域で産地化した地鶏。 三重県在来種の八木戸と伊勢赤鶏を交配したオスに名古屋コーチンのメスを掛け合わせた地鶏になります。
豊かな自然、美しい海や山々の環境の中でまる悠ファームの鶏は飼育されています。
空気も綺麗で夜空を見上げると満天の星空、鶏にとっても人にとっても最高の環境の中で、熊野古道の湧水、抗生物質が一切入っていない飼料、熊野でとれたお米、ミカンの皮や野菜を与え、毎日鶏の顔をみてストレスが掛からないように一生懸命飼育しています。

◆目標・夢
安全で安心してしかも美味しい、地鶏と卵を多くの人に知っていただきたい。
平飼いの養鶏は大変なことが多いですが、その分鶏たちは元気で活き活きとしています。
本当に安全な食材を一人でも多くの家庭に提供していくのが目標です。